2011年12月04日

ホテル・ラ・スイート神戸ハーバーランド「グラン・ブルー」

土曜日は神戸へ出掛けました。久しぶりの神戸ということで、期待大だったのですが、ランチが大外れでがっくりバッド(下向き矢印)口直しをしないとやり切れないと、良さげなお店を探し、元町からハーバーランド方面へ。港町神戸…やはり雰囲気がありますね。

神戸に着いた時は、今にも雨が降り出しそうだったのですが、徐々に日が差し始め、青空も見えてきました。

神戸 ハーバーランド 009.JPG

ハーバーランドに地中海風のすてきなリゾートホテルを見つけ、ラウンジ「グラン・ブルー」でコーヒータイムを楽しみました。

グランブルー.JPG

主人は濃厚なチョコレートケーキ、私はオーソドックスなイチゴショート。どちらも甘さ控え目の上品なお味で美味黒ハートゆったりとした優雅な空間で、素敵なコーヒータイムを過ごしました。

グランブルー 外観.JPG

後で知ったのですが、コーヒータイムを楽しんだ「グラン・ブルー」がある「ホテル・ラ・スイート神戸ハーバーランド」は、ミシュランにも選ばれる最高ランクのホテルとのこと。ラウンジしか利用していないですが、そういえば、従業員の方々の対応も素晴らしかったな〜。宿泊は無理そうなので(汗)、今度はランチをしてみたいです。

posted by mie at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

京都「虎屋菓寮」でお茶

前回の更新が半年以上も前…(汗)時間が経つのが恐ろしく早いです。

猛暑がおさまった昨年の10月ごろから、月1回ペースで京都へウォーキングに出掛けています。やはり歩いていて楽しい街だし、アップダウンがないので疲れないのでいい!

先週末はJR京都駅をスタートし京阪出町柳を目指しました。直線距離だとあっと云う間なのですが、浅田次郎の「壬生義士伝」を読んだのに影響され、新撰組の聖地、壬生に立ち寄ることにしました。前に壬生を訪れたのは高校の頃…。その頃は公開されていなかった(と思う)新撰組屯所跡の八木邸が公開されていたので、入ってみることにしました。

新撰組 八木邸.JPG

八木家の子孫という方の説明を聞いたり、芹沢鴨が暗殺された部屋の刀跡などを見て、自称幕末歴女の血が久々に騒ぎました。私たちがガイドを聞いたときには、30名程の参加者がいて、新撰組人気の根強さを実感。NHK大河「新撰組!」が放送されていた年はどれほどの人が訪れたんだろう。

冬の京都は空気がピリリとして気持ちよく、観光客も少ないため、ウォーキングを楽しむには絶好の時期です。行楽の季節には待たないと入れなかった、「虎屋菓寮」でお茶することができました。場所は京都御所の西側、最寄駅は地下鉄今出川です。

とらや 羊羹&抹茶.JPG

私は、もちろん羊羹!お抹茶とセットで1092円。
「とらや」の羊羹はやっぱり最高!むっちり加減がたまりません。

とらや あんみつ.JPG

夫は、好物のあんみつを(1155円)
夫も「とらや」のあんみつは最高!と絶賛。さすが老舗、味に妥協がありません。

とらや玄関.JPG

1年ほど前に改装され、広く、きれいになりました。

posted by mie at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

神楽坂 お番茶カフェ「ろびん」でお茶

前日にアド街ック天国で特集された“牛込神楽坂”が気になり、翌日さっそく散策に出掛けました。神楽坂は気になる場所だったのですが、訪れるのは今回が初めて。

神楽坂の裏通りは、レトロな雰囲気を残す昭和っぽい建物が多く残っており、雰囲気のある街並みが素敵です黒ハート裏通りには、隠れ家的お店が点在し、色々と発掘し甲斐がありそう。

お茶ができる場所を探してウロウロしていると、お番茶カフェ「ろびん」の看板を発見。どこ〜?と裏通りへ入っていくと、民家に少し手を加えただけのようなお店「ろびん」がありました。お店へ入ると、「2階へどうぞ。」と案内されました。お店というよりも、おばあちゃんの家へ来たような感じ。

ろびん店内.JPG

お番茶セットを注文。

お番茶セット.JPG

数種のお茶請けが付いてきます。これらのお茶請けがまた美味しいのです。ひとつひとつこだわって選んでいるな〜とわかるチョイスです。お番茶がどんどん進みます。

お番茶の種類って結構多いんですね。約10種類から選べます。私はスモーキーなフレーバーの京番茶をチョイス。夫は美作番茶を。

お番茶メニュー.JPG

なんか、ほんこりしていい感じ〜黒ハート
夜は晩酌バーに変身するそう。夜も来てみた〜い。

ラベル:お茶請け 番茶
posted by mie at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

京都伏見「茶房竹聲(ちくせい)」でお茶

伏見稲荷から、旧街道をさらに南下。そろそろ甘味処で休憩をしたいなぁ〜と思っていたら、タイミング良く街道沿いに「椿堂」という茶舗を発見。甘味処を併設なんてしてないよね〜と思って隣を見ると、「茶房竹聲」という甘味処が!なんとタイムリーな〜exclamation

椿堂 入口.JPG

私はお茶と和菓子のセットを注文。

椿堂 お茶.JPG

お茶は、お抹茶、煎茶、ほうじ茶など各数種類から選べます。私は、ほうじ茶を注文。さすが、お茶屋さんだけあり、茶葉も入れ方もすばらしい。こんな深みのあるほうじ茶はなかなかいただくことはできません。ブルー&ホワイトの茶器も私好み黒ハート

夫はぜんざいを。

椿堂 ぜんざい.JPG

あずきの粒が大きくて、あずきの食感がしっかりと感じられるぜんざいです。こちらのお茶は京番茶。京番茶は深くてコクのある独特の味。日本茶の美味しさを再認識させられます。

ほうじ茶がとても美味しかったので、お店でほうじ茶(伏見)を購入しました。家に戻って椿堂のホームページを見てみると、ネット通販もしておられるよう。高級宇治抹茶を使用した‘国産紅茶’がとても気になります。私はお茶道楽なので、色々なお茶を購入してみたい。

椿堂がある墨染から、ゴールの中書島まであともうひと頑張り。このあたりは、京阪の駅と駅の間があまり離れていないので、駅数の割には、意外に早く伏見桃山に到着。

二人とも特に坂本龍馬ファンというわけではないのですが(無類の幕末好きではあるけれど)、せっかくなので、伏見桃山から中書島間にある、坂本龍馬ゆかりの地を訪れました。

寺田屋.JPG

龍馬と云うとはずせない、寺田屋をパチリ。屋内の見学が出来るだけでなく、宿泊も可能だとか。龍馬ファンにはたまらないだろうな〜。寺田屋は龍馬ファンの聖地ですものね。

ゴールの中書島に到着後、歩数をチェックしてみると、たった2万歩ほど(涙)もう少し歩いた感があったので、がっかり。「万歩計がおかしいのでは?」と万歩計のせいにしたものの、身体の疲れ具合はさほどではなかったので、やはり2万歩は間違いじゃなかったのかも。
posted by mie at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

二子玉川「カフェ・ド・フォション」でお茶

自由が丘でランチの後は、高級住宅地で有名な田園調布を経由し多摩川を目指しまました。多摩川に着いた後は、土手沿いをひたすら北西へ向かい、二子玉川へ到着。

猛烈な疲労感が襲ってきたので、ティブレイクをしようと、高島屋内にある「カフェ・ド・フォション」で休憩をしました。

フォション.JPG

夫はアールグレイのアイスティー、私はアップルティーのアイスティーを。さすがフォション、紅茶が美味しいのは当然ですが、ケーキも相当高いレベルの美味しさ。もちろん、お値段もそれ相当なものでした(笑)

甘いものを補給して、かなり疲れは取れましたが、徐々に強くなってきた右足の違和感は取れません。復路を五反田に向って歩き始めましたが、私のペースがかなり遅くなってきたのを心配した夫から、バスに乗って帰るよう勧められ、しぶしぶバスに乗り帰路につきました。

五反田に戻って、右足をチェックしてみると、足の皮がめくれていました〜(泣)連日の長距離ウォーキングは、かなり足に負担があったようです。

そのままウォーキングを続けて戻ってきた夫の歩数は、およそ4万8千歩でした。

夫もかなり足に身が入ったようで、休ウォーキング日は必要と実感しました。
posted by mie at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

西梅田「マリナ・ド・ブルボン」でお茶

「玄三庵」を出た後、西梅田に向かって歩き始めました。最近では、一駅歩くのは当たり前で、ヨウコさんにもお付き合いいただきました。

先ず、西梅田のリッツカールトン大阪に立ち寄り、現実離れしたクリスマス気分を味わい(笑)、ホテルのショップで毎年購入しているクリスマスティーを買い求めました。このクリスマスシーズン限定のハーブやスパイスがたっぷり入った紅茶で、コレを飲むと私の中でクリスマス気分が高まるのですグッド(上向き矢印)

リッツのティールームでお茶をしたいところでしたが、結構なお値段なので諦め、ハービスプラザにある「マリナ・ド・ブルボン」へ向かいました。

このティールームは、ゆったりとお茶を楽しめる素敵な空間で、私のお気に入りのティールームのひとつ。梅田の中心から少し離れているため、土日のお昼でも空いていることが多いのです。

ちょっと小腹も空き始めていたので、スコーンセットとパニーニセットを注文し、ヨウコさんとシェアしました。スイーツ&セイバリーで、オリジナルアフタヌーンティに(笑)

マリナドブルボン スコーン 015.jpg

スコーンは結構大きく、しっとりして美味しい。難を云えば、クロテットクリームが少なすぎる(涙)

マリナドブルボン パニーニ 016.jpg

りんごとカマンベールのパニーニ。りんごがもう少し甘ければ、更に美味だったと思います。

紅茶は・・・私はスパイスの効いたクリスマスブレンドのフォワイエを、ヨウコさんはディンブラを。

posted by mie at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

丸の内「Dean and Deluca」カフェ

GW中は東京に滞在。仕事の都合で、月の半分を東京で暮らす夫の仕事場兼住居の大掃除も含め、東京ライフを満喫してきました。

東京での楽しみのひとつは、大阪には出店していないお店を訪れること。「Dean and Deluca」もそのひとつです。東京駅に迎えに来ていた夫と先ず向かったのは、丸の内の「Dean and Deluca」カフェです。

DEAN AND DELUCA.jpg

ドリンクメニューは、スタバやタリーズなどのシアトル系カフェとあまり変わらないようですが、ケーキが想像以上に美味しく、フードに期待が膨らみます。ニューイングランドチーズケーキは甘さとチーズの酸味が絶妙でした。

アイスチャイラテは、私には少し甘すぎました。シュガーフリーにしてシロップを入れるようにしてもらえるとベターだなぁ。

客層は外国人ビジネスマンも多く、丸の内らしい落ち着いた雰囲気です。
posted by mie at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

クリスマスプディング

2年前に初めて出会った美しいブルー&ホワイトの英国の陶磁器…スポード

日本ではあまり知られていない陶磁器メーカーですが、飽きのこない美しさとその使い勝手の良さに魅せられ、大阪の本町に代理店があるということもあり、少しづつ買い集めていました。

スポードの店内.jpg
本町の美しいショールーム。そこはまるで英国です。

スポードの食器を使ったティーパーティやレクチャーなどにも時折参加し、その素晴らしさにますます引かれていました。

しかし、今年の11月末に日本の代理店から大変ショッキングなお知らせがありました。それは、英国スポード社破綻の為、2月末には日本の代理店も閉店という信じられないNews(涙)

先週の金曜日に、セールスマネージャーであるマイケルさん主催のスポード最後のクリスマス会がありました。

クリスマス会には多くのスポードファンが集まり、名残惜しい時間を過ごしました。

初めていただいたあこがれのクリスマスプディングは涙が出そうなくらいの美味しさ黒ハートこれは英国菓子の有名パティシエであるブロードハーストのピーターさんが作られたモノ。ブランディーをかけてのデモンストレーションも幻想的で素敵でした。

クリスマスプディングのデモ.jpg

同じテーブルでご一緒した方々によると、「これほど美味しいクリスマスプディングは初めて。普通はもっとくせがあるんですよ。」とのこと。ミンスミートパイも以前食べたものとは段違いの美味しさ。ブロードハーストのピーターさん、さすがです!

クリスマスプディング&ミンストパイ.jpg
クリスマスプディングにはカスタードと生クリームを添えて。

丁寧に入れられた紅茶と素晴らしいマッチング。プディングの濃厚さにはコーヒーではなくやはり紅茶が合います。

お母様のレシピで作って下さったマイケルさんメイドのモルドワイン(ホットワイン)もふるまっていただき、大満足のクリスマス会でした♪

全世界を襲った金融危機…。王室御用達の老舗の陶磁器メーカーまでをも破綻させるとは、はかり知れない影響の大きさに驚いています。

譲渡先を探しているそうですが、今のところ見つかっていないとのこと。このままではアンティークになってしまう…(涙)
posted by mie at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

法善寺「アルション」でお茶

土曜日は、故レオ(柴犬)が奉られているお寺へお参りをし、その後、なんばパークスで買い物があったので、お寺のある京橋からなんば方面へウォーキング。花粉はまだ本格的に飛び始めていないので、夫もお出掛けはまだ大丈夫そうです。

日本橋界隈で軽くランチをして、久しぶりに法善寺の「アルション」でケーキとお茶を楽しみました。「アルション」は私の大好きなtearoom のひとつ。紅茶の種類が多いこと、ケーキのレベルがかなり高いこと、それに全面禁煙というのがお気に入りの理由です。繁華街にあるわりには、穴場的な店なので(初めての人はちょっと見つけにくいかも)、知らない人も多いようです。ランチやアフタヌーンティ、それにディナーもとてもリーズナブルなお値段で楽しむことが出来ます。店内は土曜日もケーキとお茶を楽しむ女性で満席。男性は夫ひとりで、ちょっと浮いていました(笑)

 アルション ケーキ 010.jpg
美味しそうなケーキのラインナップ。

アルション モンブラン 012.jpg
夫はモンブランとアールグレイのアイスティをチョイス。

アルション イチゴのタルト 011.jpg
夫がモンブランを注文したので、私は迷った末、イチゴのタルトとこれまたイチゴのフレイバーティ「フレイズ」をチョイス。

う〜ん、イチゴのタルト超美味です黒ハートアルションのケーキは甘さが絶妙で、飽きがこない美味しさなんですよね〜。モンブランも相変わらず素晴らしい。アルションのモンブランは私の中では一番です。

イチゴのフレイバーティもイチゴのフレイバーが強すぎずいい感じ。アルションのフレイバーティと言えば「アルションブルー」が代表的ですが、その他もフレイバーティもなかなかイケます。
posted by mie at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。