2011年02月25日

六本木1丁目「ミンスクの台所」

2月の連休を利用して東京に滞在した際、以前から気になっていたベラルーシ料理「ミンスクの台所」でディナーを楽しみました。

ミンスク 入口.JPG

場所は六本1丁目、ひっそりとたたずむような店構えに惹かれて、一度入ってみたいと思っていたお店です。

ミンスク ピロシキ.JPG

まずは、お店の方(ロシア美人)お勧めの、ピロシキをいただきました。私たち世代が知っているパルナスの揚げパン的なものを想像していましたが、揚げてはおらず、焼いたパンに野菜やミンチ肉が入っています。味はとても上品。

ミンスク サラダ.JPG

キュウリとトマトのサラダ
ヨーグルト味のドレッシングで和えてあり、さっぱりしているのですが、ハーブの香りと味がポイントに。

ミンスク スープ.JPG

ボルシチ
想像より、さらっとしたさっぱり味のスープです。

ミンスク ロールキャベツ.JPG

おばあちゃんのロールキャベツ
ロールキャベツのお肉はスパイスやハーブが利いており、しっかりした味付け。トマト味のソースとサワークリームが爽やかです。

お料理は全体的に薄味で上品な味付け。一品一品、材料にこだわって丁寧に作っているのがわかります。だから、ではないでしょうが客層はオーバー50の減塩世代(笑)ロシア大使が近くにあるので、大使館関係のおなじみさんが多そう。したがって、客層は大変良いです。
posted by mie at 22:08| Comment(1) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

「玄三庵 西梅田店」でディナー

ランチですっかりリピーターになってる肥後橋の「玄三庵」。なんと、この外食不況の中、西梅田に2号店をオープンされました!初日の2日間、お食事&お酒が全品半額になるという嬉しいご招待をいただいたので、昨日さっそくミホさんと行ってきました。

西梅田店は、ヒルトンホテルの裏、大阪第一ビルの一階にあり、なかなかよいロケーションです。オーナーさんが、「さっそく来てくださったんですね〜♪ありがとうございます!」といつもの素敵な笑顔で挨拶に来て下さいました。

玄三庵店内 010.JPG

店内は、肥後橋店の3倍以上の広さ。明るくゆったりとして落ち着いた雰囲気です。写真撮影をした後、満席になったのですが、ほとんどが女性。体によい野菜を中心とした料理という「玄三庵」のコンセプトは、やはり女性にアピールするのですね。

カウンター席が結構多く、仕事帰りの女性が気軽に食事ができる雰囲気です。オーナーの心配りですね。ランチの定番、39品目の定食が夜にもいただけるのは嬉しい♪夜はランチ料金にプラス100円で定食がいただけます。

お料理のメニューも肥後橋店より多く、39品目の定食の他、アラカルト料理の数がかなり増えています。それもそそられるメニューばかり。「全部下さい!」と言いたいくらいです(笑)

まずは、野菜のハニーマリネを注文。
素揚げしたなす、にんじん、かぼちゃ、万願寺とうがらしなどの野菜が酢とはちみつとオリーブオイルでマリネされています。甘酸っぱさが野菜にしみこんで美味しい♪酢使いがうまいお店はその他の料理も美味しいと持論があるので、期待が膨らみます。

玄三庵野菜のマリネ.JPG

野菜のハニーマリネ

玄三庵野菜のラザニア&鶏のグリル013.JPG

野菜たっぷりのラザニアと鶏もも肉のグリル

ラザニア…これでもかっというほど野菜が入っていたので、大興奮です。ホワイトソースは豆乳を使用しているのではと推測。すごくボリュームはあるのですが、とてもあっさりしていてどんどん食べれちゃいます。

鶏肉もジューシーで美味しかったのですが、それより、エリンギの歯ごたえに感動〜♪やっぱり「玄三庵」の野菜は旨い!

その他、玄米もちと野菜の春巻きや野菜の田楽などもいただきました
〜。どれも感動ものの美味しさです。

玄三庵玄米パフェ.JPG

デザートは、玄米パフェ。

玄米ロールケーキ、玄米フレーク、玄米もち、豆乳プリン、黒ゴマなんとか等など、体に良さそうなものがどっさり入ってます。とにかくやさしいお味です。

ビオワインも飲んで、大満足。なのにお勘定は一人2000円でお釣りがきました(半額だから〜)。申し訳ないくらいです。

「玄三庵」、ますますはまりそう〜黒ハート
posted by mie at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

東麻布 韓国家庭料理「KOSARI」でディナー

先週末、東京に滞在していました。今回は、仕事半分プライベート半分。仕事で1日半拘束された割には、食において、大変詰まった内容の滞在となりました。

前日の金曜日は、東京オフィスのM嬢と新橋の韓国居酒屋へ行ったにも関わらず、土曜日も、仕事の後、夫と待ち合わせて、気になっていた東麻布の韓国料理店「KOSARI」へ。連日の韓国料理三昧です手(チョキ)どれだけ好きやねんって感じですね。

先ず、ナムル盛り合わせを注文。
ホウレン草のナムルを一口いただいただけで、レベルの高さを実感。お店への期待感が高まります。

コサリ ナムル.JPG

ズッキーニのジョンも、野菜の旨みが引き出されて、本当に美味しい♪

コサリ ジョン.JPG

チャプチェは、今まで食べた中で最高のお味黒ハートしっかりした味付けなのに、品がある美味しさです♪

コサリ チャプチェ.JPG

出てくる一品一品があまりに美味しかったので、勢いで焼肉も注文。外食で焼き肉をいただくのは十数年ぶりです。注文した甲斐がありました!焼き肉の枠を超えた旨さで、箸がすすみます。

コサリ 焼き肉.JPG

お店のスタッフの対応も素晴らしく、本当に文句の付けようのないお店でした。リピートは間違いありません。

「KOSARI」は、韓流スターも来日の際に、お忍びで訪れる有名店なのだそう。確かに隠れ家的お店です。

東京タワー.JPG

お店の近くからは、東京タワーが見えます。前倒しの誕生日祝いで、夫からプレセントしてもらった新しいデジカメでは、こんなに綺麗に夜景が取れました黒ハート東京タワーって、大好きなんです。ランドマークにもなるし、姿が本当に美しい。新東京タワーが完成したら、どうなるんだろう。残して欲しいなあ。
posted by mie at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

四天王寺前夕陽ヶ丘「スープル」でディナー

ミホさんは定期的にお食事会を開いている友人。元同僚で一番長いお付き合いではないでしょうか。初めての出会いから十数年経過していますが、相変わらずスリムで若々しい彼女にはいつも刺激されます。

二人の共通の楽しみのひとつはワイン。大阪でワインと美味しい料理がいただける店と云えば「スープル」です。

今回は、「スープル」のチーフソムリエのFさんに、先に予算を伝えて、ワインとお食事をセレクトしていただきました。これなら明瞭会計で、お値段を気にせずお食事とワインを楽しめます。

ワインはすっきり系のシャルドネをとのリクエストに応じ、ニュージーランドのシャルドネを選んでくれました。

シャルドネ.JPG

シャルドネにしてはしっかりと酸味が感じられ、軽い口当たり。すっきりした後口が爽やかで、グイグイいけちゃいます。Fさん、絶妙のチョイスですね!さすが〜exclamation

お料理は…。
先ず、キメジマグロのタルタル

スープルマグロのタルタル.JPG

じゃがいものフリットがトッピングしてあり、それがとてもよいアクセントとなってマグロの旨みが引き立ちます。マグロとシャルドネ、合いすぎです黒ハート

野菜の炭火焼

野菜の炭焼き.JPG

レンコン、山芋、そら豆の炭火焼。
焼くと、野菜の甘みが凝縮されているので、お塩だけで美味しくいただけます。

お次の炭火焼は、シャンピニオンとグリーンアスパラ

スープルシャンピニオンの炭焼きとアスパラ8.JPG

シャンピニオン…なかなか食べる機会がない食材ですが、キノコから出てきたエキスが旨過ぎる〜黒ハート

大根のスープ
大根のスープ.JPG

ピザマルゲリータ

ピザマルゲリータ.JPG

ピザ生地は外はパリッと中はもっちり。ピザはシンプルなマルゲリータが一番好きです。

黒豚のローストポーク

ローストポーク.JPG

粒マスタードとドライトマトのペーストと一緒にいただくと最高〜黒ハート

デザートは、マスカルポーネにコーヒーとウイスキーをかけたもの。
大人のスイーツです。

デザート.JPG

チーフソムリエのFさんは、先月ニュージーランドへワインの買い付けに行かれて、ニュージーランドワインの品質の良さを実感されたとのこと。寒暖の差が激しい気候なので、いいブドウが育つとのこと。あまり縁のなかったニュージーランドワインですが、これから注目してみようと思いました。

Fさんは、10年以上前に、リッツカールトンにソムリエとしておられた頃からの顔見知りです。やはりリッツという一流ホテルで、接客の基礎を叩き込まれただけあって、そのホスピタリティの素晴らしさは「スープル」のスタッフ全員に浸透しています。

「スープル」は、ワイン、お料理、接客、お店の雰囲気、すべて云う事なしです。いつ行っても盛況なのはうなずけます。
posted by mie at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

北堀江 タイ料理「チェディルアン」で送別会

仲良しくしていた総務部のナナさんが1月で退職しました〜(涙)ナナさんのリクエストで、送別会は北堀江のタイ料理「チェディルアン」に決定〜exclamation

私も含め、女子はタイ料理や韓国料理などの辛いモノ好きですね。逆に男子は苦手な人多しですあせあせ(飛び散る汗)

先ずは、タイ料理と云えばのトムヤムクンを。

トムヤムクン.JPG
海老の旨みがたっぷりと出た、伊勢海老のスープのような濃厚な味。あとを引きます。今まで食べたトムヤムクンの中で最高ランクだと思いますグッド(上向き矢印)海老せんとシンハービールと共に。

お次は…
左はなすと鶏ミンチのサラダ、右はバジルと筍と豚ミンチの炒め物

茄子と豚肉のサラダ.JPG
サラダは、甘酸っぱいさわやかな味。
バジルの炒め物は、甘辛で白いご飯が欲しくなる一品です。

カレーヌードル

カレーヌードル.JPG
固い麺と柔らい麺のコラボレーション。面白い食感です。

パイナップルチャーハン

パイナップルチャーハン.JPG
甘酸っぱさと塩味のバランスが絶妙です黒ハート

デザート…
私は紫芋のムースをチョイス

ムラサキイモのムース.JPG

「チェディルアン」、今までに行ったタイ料理店の中で一番おいしいと思いました。お値段は若干高めですが、あのお味だと十分納得ですグッド(上向き矢印)

ランチタイムは、1,500円でバイキングがいただけるそう。この美味しさで食べ放題なら、相当コスパ高いです!

ナナさんは、いつも明るくて誰に対してもフレンドリーな人なので、彼女が居なくなったことで、会社で寂しい思いをしている人は多いと思います。誰からも好かれる愛されキャラ…。人見知りの激しい私にはうらやましい限り。今度生まれ変わるなら、あんなキャラに生まれた〜いぴかぴか(新しい)
posted by mie at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

蒸し野菜で晩ごはん

今日は冷たい雨でした〜雨
関東地方は、雪模様なんですね雪

またまた、白菜をいただいたので、蒸し野菜にし大量消費を試みます。簡単でスピーディで温かいので、最近では我が家のルーティンのおかずとなっています。

蒸野菜.JPG

蒸し器にクッキングペーパーを敷き、適当な大きさにカットした野菜をぎゅっぎゅっと詰め込みます。比較的早く火が通る野菜であれば、なんでもいいと思います。今日は白菜、もやし、ニンジン、エノキ、ブロッコリーを使用。蒸し器の蓋が浮くくらい野菜を詰めこみましたが、火が通ると、こんなに量が減ります。野菜だけでも美味しいですが、ベーコンや豚バラを少し加えると、おかずとしてボリュームが出ます。

つけだれは、ゆずポン酢&ゆずこしょうがお気に入りるんるんごまだれでも美味しいです。
タグ:冬野菜
posted by mie at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

天満橋「kitchen DINE」でファイナルディナー

年明け早々、友人のミホさんから悲しいお知らせが届きました。7、8年前にミホさんに連れて行ってもらって以来、ファンになった「Kitchen DINE」が1月22日をもって閉店とのこと。先月行ったところでしたが、これは最後に行かなければと、夫と共に先週末、お邪魔しました。

お料理は、いつも通りシェフのお任せで。

ワインはフランスのシャルドネ。もちろんオーガニックです。
dine finale オーガニック シャルドネ09.JPG
さわやかで、すっきりとした飲み口です。

アミューズ
dine finale 前菜@010.JPG
赤カリフラワーのピクルス、生ハム添え
ピクルスにタルタルソースを合わせてあるのが素晴らしい!

前菜の盛り合わせ
dine finale  前菜A011.JPG
ミニトマトのマリネ、ブリのカルパッチョ、海老のボイル、ミックスリーフのミニサラダ、菜の花のマリネ

スープ
dine finale スープ 012.JPG
マッシュルームのスープ
きのこの風味が口いっぱいに広がります。余計なものは一切入っていない素材の味が活きたスープです。

魚料理
dine finale  スズキのポアレ013.JPG
スズキのポアレ
スズキの皮はパリパリ、身はふんわり柔らか。白ワインソースは、酸味が利いていてさっぱりといただけます。レンコンや白菜など、たっぷりの野菜を添えてくれているのが嬉しい。

肉料理
dine finale カモのロースト 014.JPG
カモのロースト
マデラ酒のソースがまろやかで、添えてあるマッシュポテトとからめていただくと超美味です黒ハート

デザート
dine finale デザート 015.JPG
チョコレートケーキ、さつまいものアイスクリーム 黒豆添え
黒豆とアイスクリームがとても合います。

そして、コーヒー。

オーガニックの白ワイン1本とこの素晴らしいコースをいただいて、二人で一万円でおつりが来ました。最後ということもあり、シェフが思いっきりサービスをしてくれたようです。

色々なお店を訪れる中、リピートしたいと思うお店は限られています。私の中では、「Kitchen DINE」のシェフがNo.1シェフだと思っていたので、閉店は本当にショックでした。

これからは、別のお仕事をされるそうで、しばらくの間、料理は趣味で楽しむとのこと。また料理の世界に戻ることがあれば、連絡させていただきますと、連絡先を交換しました。あの素晴らしい料理の腕を、しばらく封印するとは本当に惜しい。

美味しいだけでは、生き残っていけない時代なのですね(涙)
posted by mie at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

五反田 韓国料理「チェゴヤ」で晩ごはん

ウォーキング熱がますますヒートアップし、歩く距離をどんどん延ばしています。

昨年の11月には、西宮北口→三宮間を歩き、3万8千歩を達成。

今回の東京滞在中に、5万歩を達成しよう!と東京→横浜間を歩くことを決めていました。

せっかく10数年ぶりの横浜なので、歩いて疲れる前に横浜観光も楽しもうと、往路は電車で出掛けました。

同じ港町の神戸と比べると、横浜は山が迫っていないせいかすごく開放感があります。年末のオフシーズンというのもあり、観光客も少なく、さらに広々とした感じが外国のようです。

横浜.JPG

ポートエリアを散策、中華街でランチを済ませ、いざ東京へ向かってウォーキング開始。

ひたすら幹線を歩いたため、横浜から川崎間がとても単調で面白みがなく、かなり長く感じました(汗)川崎からは多摩川をひたすら目指して黙々と歩き続けました。橋の途中で"東京都大田区"の表示を見つけた時は、横浜から歩いてきたんだ〜と達成感がわいてきました。

五反田まで歩くつもりが、予想以上に時間がかかり、女子フィギュアスケートの放送に間に合わないと、東京都に入ったところから電車に乗りました。「電車ってなんて早いんだろ〜」と文明の利器のありがたさを実感(笑)

五反田のマンションに到着時には、4万9千500歩と5万歩には少し足りませんでしたが、一応目標達成!

夕食は近くの韓国料理店「チェゴヤ」で。

チェゴヤ プルコギ丼.JPG

夫はプルコギ丼
甘辛の味が文句なしに旨い黒ハート

チェゴヤ プゴクチゲ.JPG

私は新メニューのブゴクチゲを。

チェゴヤ ブゴクチゲ看板.JPG

プルプル肌になる!に惹かれて注文しましたが、半端じゃない乾燥たらの量に最後はかなり飽きてきましたあせあせ(飛び散る汗)プルプル肌になるには忍耐が必要なのか・・・(笑)

と云いつつも、疲れ切った身体にビールと韓国料理は最高のごちそうでした!
posted by mie at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

天満橋「KITCHEN DINE」でディナー

金曜日は、東京から戻ってきた夫と待ち合わせをし、「KITCHEN DINE」でディナーを楽しみました。

「KITCHEN DINE」は五年ほど前に友人に連れてきてもらって以来、シェフの腕の良さに魅了され、リピートしているお店です。

まず、ワインを注文
DINE オーガニック シャルドネ.JPG
イタリアのシャルドネ、オーガニックです。

そしてお料理
アミューズ
DINE かぶとキャベツのスープ.JPG
かぶとキャベツの冷製スープ。
素材の味が活きていて、優しい味です。

前菜の盛り合わせ
DINE 前菜.JPG

左手前から時計と逆回りに、まぐろと洋ナシのタルタル、黒豆とおからのムース、ハマチのカルパッチョ、なめこの白ワイン煮、茹で黄カリフラワー、カモのテリーヌ。
ワインに合う前菜をずらりとそろえてくれました。この前菜のラインアップだけでも価値があります。

メイン(魚)
DINE きんめ鯛のポアレ.JPG
きんめ鯛のポアレ
魚の下にはたっぷりの白菜。おいしさは言わずもがなです。

メイン(肉)
DINE 茶美豚のソテー.JPG
茶美豚のソテー。
お肉が柔らかい!マッシュポテトもソースにからめて完食です。

デザート
ブリュレ&さつまいものアイスクリーム.JPG
クリームブリュレとさつまいものアイスクリーム
甘さが上品で絶品です。

そして、最後にコーヒーを。

夫共に好き嫌いがないので、いつもすべてシェフのお任せでお願いしています。こちらのシェフには全面的に信頼を置いているので、どんな食材が出てきても安心。美味しいに決まっているから黒ハート

この素晴らしいコースとボトルワイン1本で1万円ジャストとは、コストパフォーマンスは相当高いです。予約時に「これぐらいの予算で・・」とお願いすると、相談に乗ってくれます。

出されたお料理をいただく度に、シェフの料理への愛情を感じます。自分が納得したものを、美味しいと思うものを出したい、そんな想いが伝わってくるお店です。
posted by mie at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

五反田 イタリア酒場「イルンゴ」

五反田で夫の一番のお気に入りのお店は、イタリア酒場「イルンゴ」。こちらのお店も徒歩圏内。フレンドリーなご夫婦がお二人で切り盛りされている家庭的な雰囲気のお店です。

夫は相当美味しくなければ絶対リピートしない人なので、味に期待が高まりますグッド(上向き矢印)

イルンゴ サーモンのマリネたたき風.jpg
サーモンのマリネ
この日は、少しあぶってたたき風にしてくれました。

トリッパと野菜の煮込み.jpg
トリッパとなすのトマト煮込み
トリッパを味わえば、そのお店のレベルが分かります。やわらかく、そして臭みがありません。素揚げして煮込んだナスとの相性も抜群です。

ゴルゴンゾーラのペンネ.jpg
ゴルゴンゾーラのペンネ
夫のイチオシの一品だけあり、久々のトランス状態に黒ハートコレは悶絶の逸品と云えるでしょう!濃厚なのですが、飽きないのが不思議です。ぺろりと一皿いけちゃいます。

グラスワインは赤、白ともにレベルが高く、文句なし!お料理と云い、ワインと云い、夫がリピートする気持ちが分かります。

美味しさと手頃なお値段もあってか、お店はいつも盛況。夫と同様に、近くにお住まいの方でリピーターが結構おられるようです。
posted by mie at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

五反田 韓国料理「チェゴヤ」

五反田にある夫の仕事場兼住居のロケーションは抜群です。最寄駅、コンビニ、スーパー、クリーニング屋、郵便局、銀行、飲食店すべて徒歩で2〜3分内にあり、都会生活の便利さを実感。

ただし、歓楽街も徒歩圏内。山本モナの不倫騒動があったラブホもこのあたりらしい。環境的には抜群とは言えませんね(汗)

韓国料理「チェゴヤ」もすぐご近所にあり、滞在中2回訪れました。「チェゴヤ」は関東では結構な店舗数を持つチェーン店。美味しいし、お値段も手頃なので、関西でも是非チェーン展開して欲しいなぁ。

店内は全く飾りッ気がなく、テーブルがずらーっと並ぶ韓国でよくある食堂と云った雰囲気です。

五反田 韓国料理「チェゴヤ」.jpg

私が気に入ったのは、キンパ(韓国海苔巻き)とスープ餃子定食。私が今まで行った韓国料理店では、キンパ定食っ見たことがないので、すぐに飛びつきました!キンパも美味しいし、スープ餃子のスープの塩加減との相性も抜群♪

夫が注文したカルビ入りチヂミやトッポギも美味しかったし、別の日にいただいたスンドウフチゲもとても美味でした。

「チェゴヤ」、次回滞在時も是非行きたいお店です。
posted by mie at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

五反田 グルジア料理「GAUMARJOS!」

東京での夫の仕事場兼住居が五反田にあるため、五反田界隈での食事が多くなりました。今回の滞在では、夫がよく行くというお店に連れて行ってもらいました。

東京では、大阪では成り立たないだろうなぁと思えるお店とよく出会いますが、そのひとつがグルジア料理「GAUMARJOS!」。

グルジアは長寿の国と云うだけあって、野菜、豆、ヨーグルトを使ったヘルシーな料理が中心です。

ほうれん草とくるみのサラダ、豆のサラダ.jpg

ほうれん草のサラダと豆のサラダの盛り合わせ。
ほうれん草のサラダは茹でたほうれん草とくりみを混ぜてまとめたもの。豆のサラダはキドニービーンズとツナと玉ねぎを合えたもの。

グルジア風水餃子.jpg

グルジア風水餃子。ショウロンポーのように、箸を入れると肉汁がジュワ〜と出てきます。これは非常にアジアっぽい感じ。

トマトと牛肉のスープ.jpg

トマトベースのスパイシービーフスープ。少しピリ辛で私好みの味です。

オーナーのグルジア人のおじさんは特に愛想が良いわけでもなく、ウエイターのお兄さんもけだるい感じで、店全体が不思議な雰囲気です。料理は美味しいのですが、ややボリュームに欠ける感じ。ヘルシー系の料理を好む方や軽い食事をしたいときにはおススメです。
posted by mie at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

北海道旅行で出会った美味しいモノC

帯広の繁華街から少し離れた住宅地に、美味しいジンギスカンのお店があると聞き、出掛けました。

北海道ジンギスカンメニュー.jpg

静かな住宅地の中にひっそりとある「北海道ジンギスカン」。とにかく安くて美味しいのが魅力。

北海道ジンギスカン.jpg

私たちが肉より野菜を大量に注文したので、お店の方がちょっとびっくりされていました。野菜、野菜、野菜、肉、野菜…という食べ方なので。とは云え、ギンギスカンは恐ろしいくらいご飯もビールも進む食べ物です^_^;

お客さんは、地元の方がほとんどと言う感じ。週末ということもあり大賑わいでした。
posted by mie at 21:49| Comment(0) | TrackBack(1) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

北海道旅行で出会った美味しいモノA

初日の夕食は帯広市内の「十勝ビール」でいただきました。目的は十勝の地ビール

十勝地ビール.jpg
お試しセットを注文。どれも個性があって味わいが深いです。私はフルーティな味わいのヴァイツェンがお気に入り。

ビアホールなので、料理はそれほど期待してなかったのですが、どれもこれも美味しくて、思わず沢山注文しちゃいました〜。

ジャガイモ2種のヨーグルトソースかけ.jpg
ジャガイモ2種のホワイトソースかけ。黄色いのは栗でもサツマイモでもなくインカのめざめというジャガイモです。シンプルに岩塩をふっていただきます。

美味しい料理の中の代表として、コレを選んだのはシェフに失礼かなぁ。でも、どんな料理のテクニックより素材の美味しさに勝るものなしということでしょうか。
posted by mie at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

ベルギービール専門店「フェイフ ドルフィンズ」

先週末のディナーをUPします。

今年の6月にオープンした朝日放送の新社屋の敷地内に、ほたるまちというショッピング&レストラン街が出来ました。先日、TVで紹介していて興味をもったベルギービール専門店「フェイフ ドルフィンズ」で、ベルギービール&ディナーを楽しみました。

先ず、ベルギービールの美味しさに感激!とにかく種類が豊富で、どれを選ぶか迷ってしまいます。中ビン1本ぐらいのもので1000円以上とお値段は結構ハリますが、ワイン党の私も、ビールってこんなに美味しいんだ〜とビール党に心変わりしそうになります。

フェイフ ドルフィンズ 002.jpg
先ずは、ベルギーの生ビールを。

フェイフ ドルフィンズ 005.jpg
ベリー風味のビール。夫はニガテとのことでしたが、ほんのり甘くて、私は大好き!女性好みのビールです。

フェイフ ドルフィンズ 008.jpg
夏野菜のピクルス。甘みと酸味のバランスが素晴らしいです。ピクルスにウルサイ私たちも大満足♪

フェイフ ドルフィンズ 003.jpg
ボイル野菜のバジルソース和え。バジルソースで野菜をあえるのはアイデアです。

フェイフ ドルフィンズ 007.jpg
ミートボールと夏野菜のトマト煮。スパイシーなミートボールとまろやかなトマトソースがベストバランス。

お料理のレベルもかなり高く、お店の雰囲気も落ち着いており、リピートの可能性大です。

この日はJR難波駅から福島にあるほたるまちまでテクテクとウォーキングをしました。途中、うつぼ公園を横切った際に、ひやーっとした空気に包まれ、緑の木々のパワーってすごいな〜と感動。マイナスイオンを浴びまくりました。温暖化を和らげるためにも、もっと緑を植えましょう〜。橋下知事、財政は大変でしょうが、大阪にもっと緑を増やして下さい!

ほたるまちはフォーターフロントにあり、なかなかよい雰囲気。でも、お盆の期間だったからか、閑散としていました〜(-_-;)東京のお台場や赤坂サカスの大盛況とは大違い。TV局の規模の差もあるのでしょうが、その辺が東京と大阪の都市力の違いなのでしょうか。
posted by mie at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

南堀江 ベトナム料理「チャオルア」

金曜日は、会社のお仲間と久し振りに夕食を楽しみました。場所は、南堀江のベトナム料理店「チャオルア」。お店の場所は堀江公園の南側、黄色い建物が目を引きます。以前行った南船場の「アンゴン」の姉妹店。「チャオルア」の方が、スペース的にゆったりしており、落ち着いて食事が出来る雰囲気。天井が高いので開放感があります。今回は予約を入れたせいか、2階のテーブル席を用意してくれました。布の仕切りがあるだけですが、個室っぽい雰囲気です。

コース料理ベトナム(3500円)を注文。

チャオルア 001.jpg
前菜の生春巻き、揚げ春巻き、グリーンパパイヤのサラダ、海老せんなど。

チャオルア 002.jpg
メイン料理の盛り合わせ。チキンのココナツカレー、空芯菜の炒め物、
牛肉のスパイシー炒めなど。この時点でかなりおなかいっぱいです。

チャオルア 003.jpg
フォーガー。こちらのフォーのスープはかなり濃厚な感じ。スパイスもすごく効いていました。香草をたっぷり入れていただきます。おなかいっぱいと言いながらフォーも完食。

チャオルア 004.jpg
練乳プリンとベトナム茶。練乳プリンは想像以上に甘い!プリンというより、もっちりとしたパンナコッタという感じ。ベトナム茶は意外にくせがなく、練乳プリンと合います。

今回の会合は、いつものメンバーレイコさんとナナさんに加え、総務部のN嬢も初参加。社内ネタで大いに盛り上がりました。
posted by mie at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

うつぼ公園「Glasse(グラース)」

友人のミホさんからお食事のお誘いがあり、どのお店にしようかと迷っていたところ、ネット検索でうつぼ公園近くに素敵なフレンチビストロを発見。概観も内装もフランスの田舎のビストロ風で、洋モノ好みの私たちのテイストにぴったりと、早速予約を入れました。

お店は最近“熱い”京町堀にあります。先日ランチをいただいた「Japanese cafe&dining 翠」と同じ並びで、少し西よりです。

飲み物はボトルの白ワイン。フルーティなのに後口がすっきり。やはり初夏は、きりりと冷えた白ワインが最高です。

シーズンディナー(4500円)をチョイス

グラース 004.jpg
しらさえびとさつま豚のすね肉のテリーヌ。白ワインと合います!

グラース 006.jpg
ジャガイモに包まれたフォアグラ。ジャガイモのパリパリ感とフォアグラのしっとり感がいい!

グラース 007.jpg
スープピストゥー。野菜入りのコンソメスープ、バジル風味と云う感じ。初夏にぴったりの爽やかなスープです。

グラース 008.jpg
サーモンマリネのレア仕立てバジルソース。サーモンのたたきとスモークサーモンの中間のような初めての食感。

グラース 009.jpg
仔鴨のローストオレンジソース。お肉料理は6種類から選べます。二人とも仔鴨のロースをチョイス。私のこの日の一番のお気に入りです。オレンジソースとの相性が抜群。

グラース 010.jpg
お口直しの梅酒のソルベ 梅酒がなんとも和風な味に。口の中がさっぱりします。

グラース 012.jpg
フルーツグラタンとさくらんぼとベリーのハーブティ

パンもとても美味しくて、某ブログで仕入れた情報によると「ブランジュリータケウチ」のパンだとか。いつも並んでいるので、買ったことはないですが、さすが人気のパン屋さんだなと。

私はお酒が強い方ではないのですが、この日は二人でボトル1本空けちゃいました。雰囲気やワインとの相性もあるのでしょうか、沢山飲んだ割にはほろ酔い程度で、とてもいい感じ。

お互いの職場やファッション、食のこと、社会情勢などなど多彩な話題で盛り上がりました。気の置けない友人とのフレンチ&白ワインはこの上ない幸せです黒ハート
posted by mie at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ウェスティンホテル大阪 「ステラマリス」

19日はmy birthday!
ついに、大台へリーチです(笑)母からは、恒例のフルーツバスケットをもらい(私が果物好きなので、ここ数年の誕生日プレゼントはいつもコレ)、夫には以前から行きたかったウェスティンホテルの地中海料理レストラン「ステラマリス」へ連れて行ってもらいました〜♪

ウェスティンホテル大阪は、繁華街から少し離れた新梅田シティにあるため、梅田の雑踏から逃れられ、また、庭園や人口の滝がリゾート気分にしてくれるお気に入りのホテルです。

昨年、某有名ホテルのフレンチのディナーで、お値段の割りにはがっかりさせられ、今回はどうかな〜という感じだったのですが、全てハズレなしの美味しさで、”リピートしたいお店”となりました!(お値段がお値段なので、頻繁にはリピートできませんが…)

特に素晴らしかったのは、

ステラマリス 003.jpg
前菜三種(桜鯛のカルパッチョ、赤ピーマンのソースで合えた春野菜のサラダ、フォアグラと青豆のジュレ合え)

ステラマリス 004.jpg
うずらと手長海老のロースト、ピーナッツソース添え

ステラマリス 006.jpg
ホワイトアスパラと筍のオランデーズソース

その他、魚料理やデザートのブラマンジェも文句なしの美味しさでした。

こちらのホテルのレストラン、ネットから予約を入たら、特典でボトルワインをサービスしてくれました〜。今、キャンペーン中のようですよ。サービスのワインとは云え、肉にも魚にも合う、まろやかな口当たりでグイグイいけちゃいました。ワインもお料理も素晴らしく、大満足のバースデーディナーでした。
posted by mie at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

南船場 ベトナム料理「アンゴン」

金曜日はベトナム料理大好き友達Y嬢と南船場の「アンゴン」でディナーを楽しみました。姉妹店の南堀江の「チャオ・ルア」は何度か行ったことがあるのですが、「アンゴン」は初めて。お店は2階にあり、「チャオ・ルア」よりやや狭いかな。スタッフは明るくテキパキとしていてとても感じがよかったです。

ベトナム料理 アンゴン 001.jpg
先ず、青いパパイヤのサラダと空芯菜のにんにく炒め(コレは絶対はずせない。)

ベトナム料理 アンゴン 002.jpg
海老のピリ辛ココナツ炒め。レッドカレーっぽい味。私にとってはそれほどピリ辛でもなかったです。

ベトナム料理 アンゴン 004.jpg
干し海老とコーンの炒め物。干し海老の塩辛さとコーンの甘みがマッチ。今回一番のお気に入り♪

ベトナム料理 アンゴン 006.jpg
具沢山の焼きフォー。スープのフォーも大好きだけど、焼きフォーもなかなかイケます♪

ベトナム料理 アンゴン 008.jpg
デザートはバニラアイスのベトナムコーヒーかけ。濃いコーヒーと甘いアイスはベストマッチ。エスプレッソをアイスにかけても美味しいもんね。

今、料理のジャンルとしてはベトナム料理が一番好きかなぁ。韓国もそうですが、料理が気に入るとその国へ行ってみたくなりません?Y嬢とベトナム行きたいね〜と話しながらも、暑さに弱い私は一抹の不安が横切ります。

と云うのも、以前、シンガポール&マレーシアへ旅行へ行った際、暑さと高い湿度でぐったりし、空調のきいた屋内ばかりにいた思い出が…。それ以来、暑い国は避けてます(-_-;)
posted by mie at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

天満橋 kitchen DINE 再訪

体調不良の為、しばしのご無沙汰でした〜。先週の木曜日のディナーを今頃UPで〜す。

友人のミホさんと久々のディナーを楽しみました。お店はめちゃくちゃリピート率が高い「kitchen DINE」です。

3,900円のコースをチョイスし、好き嫌いのない私たちは、すべてシェフにお任せを。

dine 010.jpg
先ず、絶品の旬の野菜のピクルスの盛り合わせ。ごぼうもピクルスにするとこんなに美味しいんだ〜と驚き。こちらのシェフは酢使いが天才的にうまい!これほど美味しいピクルスを今まで食べたことがありません!

こっそりシェフが教えてくれた秘伝のピクルス液ですが、なんせ体調不良だったもので、まだ作れてません。ごめんね、シェフ。来週末こそは挑戦しますっ!

dine 011.jpg
こちらのテリーヌっぽい前菜も素晴らしかったのですが、なんせ1週間以上も前で名前が出てこない。スミマセン。

dine 012.jpg
メインの魚料理は、二種類(鯛と鯖)の魚のポアレ。背の青い魚は臭みがあって苦手だというミホさんも絶賛!ソースが素晴らしい!

dine 013.jpg
お肉料理は、若鶏のコンフィ。コンフィ大好きの私にはたまらない一品。コンフィだけでも素晴らしいのに、バルサミコソースの甘さと酸味が絶妙に若鶏とお野菜にからまって・・・(あ〜悶絶)

dine 014.jpg
デザートの紫いものチーズケーキ。素材の味が活きていて美味しい〜♪色もピンクで可愛いです。

今年に入って値上げをやむなくされた台所事情も色々とうかがいました。このご時世、よい具材を仕入れるためには仕方ないことなのかと納得。でも、値上げの分以上にシェフの腕も上がったよう。益々進化していますね!




posted by mie at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

福島 A151-factory! A

土曜日は、福島にあるお気に入りのレストラン「A151-factory!」でお食事を。こちらは、今私たちのリピート率が一番高いお店です。しばらく時間が経つと、このお店のメニューが恋しくなるんですよね〜。

A151-factory!寒ぶりとホタテ 002.jpg
寒ぶりとホタテのカルパッチョ。酢とオイル使いが抜群です。寒ぶりもホタテもトロトロ。恍惚状態の美味しさです黒ハート

A151-factory!オリジナルサラダ 004.jpg
オリジナルサラダ。毎回リーフの種類が違うので楽しい♪今回は珍しい緑がかったカリフラワーが!紫がかったのもあるのだそう。

A151-factory!ひめぜん 003.jpg
マスターがサービスして下さった“ひめぜん”。日本酒なのにワインのようなフルーティーな味わいです。

A151-factory!青菜とトック 006.jpg
トックと青菜の炒め物。私たちのリピート率が高いメニューのひとつ。

A151-factory!グリーンカレーラーメン 007.jpg
グリーンカレーラーメン。これが食べたくて、ついついお店に足を運んでしまうのです。

あと、石焼きのお肉と韓国チヂミもいただきました。写真はうっかり取り忘れ〜^_^;

素晴らしい舌を持つシェフと気配りが行き届いたマスターのベストコンビネーションのせいか、お店は土曜日なのに大盛況でした〜♪

帰りは、カロリー消費の為、福島からJR難波までウォーキング。最近は週末毎に結構なウォーキング量をこなしているにもかかわらず、悲しいことに体重の変化なし。まあ、そのぶん食べているので仕方ないんですけどね(-_-;)

今日は寒い一日でした。明日は大阪も雪の予報。明日の朝、通勤の電車に影響がなければいいのですが…。
posted by mie at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

四天王寺夕陽丘 Soupleでディナー

偶然にも、ウォーキング途中で素敵なレストランを発見!四天王寺夕陽丘駅(地下鉄谷町線)近くにあるSouple。Wassy’sというワインショップ が併設するレストランです。一階がワイン専門店で、同じビルの三階にレストランがあります。ワインの数の多さもさることながら、お料理が素晴らしい!ワインに合いそうなメニューがずらりと並び、思わず鼻息が荒くなりました〜(笑)素材にとてもこだわっている割には、お値段はリースナブルです。ワインのセレクションもニューワールド系が多いということもあり、良心的なお値段設定。

さて、本日いただいたのは…。

マーガレットリバー カベルネ 007.jpg
マーガレットリバー カベルネ・ソーヴィニヨン(オーストラリア)

前菜の盛り合わせ 008.jpg
きのこのキッシュ、鯛のカルパッチョ、自家製ハム、根菜のピクルス ワインにベストマッチの前菜がずらり。

しいたけの炭火焼 010.jpg 015.jpg
しいたけのシンプル炭火焼きとミックスオリーブのマリネ
しいたけはオリーブオイルと岩塩で。しいたけってこんなに美味しいんだ〜と感動!
ミックスオリーブは、オリーブが苦手な私も美味しくいただけました。彩りがとてもきれい。

ホロホロ鶏ときのこの春巻き 016.jpgきのことパンチェッタのピザ 017.jpg
ホロホロ鶏のコンフィときのこの春巻きときのことパンチェッタのピザ
ホロホロ鶏ときのこを春巻きにするとは、このアイデアに乾杯!
ピザは、山盛りのきのこ数種の味が濃い!ピザ生地もパリパリ&モチモチで抜群の食感。

店内は明るくオープンな雰囲気。スタッフの対応もよく好印象。客層もとてもいいです。テラス席もあり、夏はテラスでキーンと冷えた白ワインもいいなぁ。

お店は繁華街にある訳ではないのに、あっと言う間に満席に!皆さん、美味しいお店はよくご存知です。カジュアルな雰囲気で美味しいお料理とワインをいただける店って、あまり大阪にはないので、このお店に出会えたことに感謝です♪

外国人客に英語で接客をしていた男性スタッフ。どこかで会った気が…。リッツカールトン大阪のワインバーに居た方ではないかと。お忙しそうで、確認出来ず。今度、聞いてみよ〜っと。
posted by mie at 00:48| Comment(1) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

天満橋 kitchen dineで忘年会

28日は仕事納め。会社の納会でお疲れ様〜の乾杯をした後、年末の挨拶もそこそこに盛り上がっている納会を抜け出し、友人のミホさんとの忘年会の約束場所へ向かいました。

場所は天満橋のkitchen dineというカジュアルフレンチのお店。以前、天満橋で働いていたミホさんが見つけ、二人でも何度か食事をしたことがあります。こじんまりしたお店で、気取らないフレンチをとっても手頃なお値段で出してくれます。お手頃というか安すぎるくらい。だって、2,000円からコースがいただけるんですよ〜!ランチではなくディナーで!しかも、お味は本格的で、どれもこれも本当に美味しい!オーナーシェフはまだ若く(30代後半くらい)料理家のケンタロウ似。「ケンタロウシェフのとこ行く?」で私とミホさんは通じ合います。

私たちは二人とも好き嫌いが全くないので、いつもシェフのお任せで。

kitchen dine 001.jpgkitchen dine 002.jpg
前菜6種は、野菜のピクルス、鴨のロースト、鯛のマリネ、生ハムの盛り合わせ等

kitchen dine 003.jpg
メインは鯛と貝の白ワイン蒸し。こちらのお店の料理には野菜を沢山使われていて、それもお気に入りの理由。白菜やズッキーニも一緒に蒸してあります。

kitchen dine 004.jpg
ローストポークのポテトのミルク煮添え。こちらもポークの下には沢山の蒸したキャベツが隠れています。グレービーソースとからめて食べると野菜の美味しいこと!

kitchen dine 005.jpg
デザートはチョコレートケーキのアイスクリーム添え

ミホさんの好きな佐々木蔵之介さんの話題で盛り上がりました。先日、京都であった舞台が素晴らしかったとのこと。う〜ん、かなり入れ込んでるなぁ。でも、情熱を注げる対象が出来るのはとても良いことです!(経験者は語る)そう言えば、お正月に「間宮兄弟」がTVで初放送予定。DVDを持ってても、彼女、観るんだろうなぁ。

白ワインのキャラフェを注文して、料金は一人3,150円!!信じられない安さです。もう少し値上げしてもいいのでは〜?


posted by mie at 01:13| Comment(1) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

福島 A151-factory!

今日は、私たち夫婦の一番のお気に入りレストラン「A151-factory!」でディナーを。以前、福島界隈を散策していたときに、偶然見つけたレストランです。表通りに出してあった小さな看板の、グリーンカレーラーメンに惹かれ、裏通りにあるこのお店にたどり着きました。

私たちは美味しいものに対して鼻が利くという天賦の才があり(笑)、「このお店、絶対美味しいよ!」という直感が働くのです。「単に食い意地張ってるだけ〜。」という意見もありますが…^_^;でも、今のところハズレなしです。

モチロン、A151-factory!も例外ではありません。お料理は、アジア料理が主流ですが、シェフがイタリア料理出身ということもあり、西洋系料理も絶品です。こちらのシェフは若いですが、舌と料理センスが天才的で、私を何度もトランス状態に陥れました〜(笑)イギリスのカリスマシェフ、ジェイミー・オリバーを思い起こさせる、料理に対する天才的な直感の持ち主だと思います。(決してほめすぎではないです。)料理のジャンルなどどうでもいい。要は美味しければ良い、というのを実戦しているようです。

今日もいろいろ食べちゃいました。

A151 factory!002.jpgA151 factory! 003.jpg
  生ハムとマンゴーのサラダ         オリジナルサラダ

A151 factory! 004.jpgA151 factory!005.jpg
   韓国チヂミ                 鴨フィレのグリル、はちみつペッパー味

A151 factory!006.jpgA151 factory!007.jpg
   トックと青菜の炒め物            えびマヨ

どれもこれも本当に美味しいのですが、一番のお気に入りは韓国風チヂミ。韓国料理店でも、いろいろチヂミは食べたけど、A151のが一番です。あと、グリーンカレーラーメンも後を引く味で素晴らしい。でも、写真撮るの忘れた〜。それくらい大好きなのです☆

アジア系の料理のよいところは、野菜がたっぷり取れること。これは私たちには有り難いです。

オーナーも気さくな方で、いつも元気一杯そんな人柄もあってか、お客さんにリピーターが多いようです。今日は週末ということもあってか、満席。大盛況でした。

数週間前、シェフが交通事故で怪我をし、しばらくお店を休業していました。心配していたのですが、シェフは無事復帰。足を怪我されたそうですが、黄金の腕が無事でよかった〜。黄金の舌もね☆



タグ:レストラン
posted by mie at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

オフィシナ・デル・カフェでアフタヌーンティ

就職活動中の友人みほさんより電話があり、淀屋橋で面接があるので、ついでに会わないかとのお誘いが。面接場所がオフィシナ・デル・カフェの近くだったので、そこで夕食を兼ねたお茶をすることにしました。

10数年勤めた会社を先月退職し、就職活動に入って約1ヶ月。40代となると、やはり厳しいようです。35歳を過ぎると急に選択肢が狭まるらしい。「一人暮らしだし、生活かかってるから、頑張らないと〜!」と、前向きな彼女に女のたくましさを見ましたパンチ

就職活動の苦労話も聞きつつ、お互いのお気に入りの俳優さんの話にも花が咲きました。彼女は佐々木蔵之介さん、私は小栗旬くん(←若者好み)黒ハート二人とも演技力があるので、これからもっと人気が出そう。小栗旬くん、最近かなりブレイクしてる感あり。「私って見る目があるわ〜。」「この間まで、イ・ビョンホン命だったくせに〜。」「佐々木蔵之介さんの目ぢからも凄いよ〜。」などと盛り上がりました。

オフィシナ・デル・カフェは私の大のお気に入り。ビルの地下へ降りて行くと、そこはまさに英国。店内は全て英国カントリー調で統一してあり、まるでイギリスのtearoomやB&Bのよう。この雰囲気で紅茶もよりおいしくいただけます。

雑誌「英国特集」第5号でこちらのお店が紹介してありました。オーナーは今はやりの英国風喫茶の先駆者で、最近の英国風喫茶の多くがこちらのオーナーのアドバイスのもとに作られているとのことです。

アフタヌーンティ スコーン ショートブレッド イギリス おいしい紅茶 023.jpg

今日は夕食も兼ねるということで、アフタヌーンティセットを注文。アフタヌーンはとっくに過ぎてますが、その辺は気にせずに…。

ここのスコーンは大きい!(こうでなくっちゃ!)
そして、かぶりついた時にほろほろとくずれる食感が抜群です。
生クリームではなくクロテッドクリームが付いてます。(コレは大事)
バターケーキ、ショートブレッド、クッキー数種、そしてセイバリーのサンドイッチ。さすがに全部は食べきれず、一部お持ち帰りしました。


posted by mie at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする