2012年02月04日

谷町四丁目 Tea room 「森のらくだ」

こちらも昨年出会ったお店、Tea Room 「森のらくだ」、気に入ってリピしています。

とにかくミルクティの美味しさが半端じゃないのです!ここ以上に美味しい紅茶が飲めるお店はないのではないかと思うほど。ランチの自家製カレーもやさしいお味で、とても美味。お料理、食器、雰囲気にお店の方のこだわり全開で、まったりとした「森のらくだ」ワールドに浸れます。

ランチは、日替わりカレー、ミルクティ、プチデザートがついて950円です。

森のらくだ カレー 006.JPG

小麦粉を使わない胃に優しい薬膳カレー。スパイスを19種類使っておられるとのことです。

森のらくだ  紅茶のゼリー007.JPG

レモンのシロップのみでいただく爽やかな紅茶ゼリー。

森のらくだ ミルクティ 008.JPG

絶品のミルクティ。たっぷりと注がれています。

森のらくだ 入口 009.JPG

posted by mie at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

マクロビカフェ「レコッコレ」

一昨年から昨年にかけて、お気に入りのお店が数件閉店されて、がっくりきていましたが、また新しいお店との出会いもありました!

そのひとつが、マクロビカフェ「レコッコレ」。本町の問屋街にあります。オーナーシェフは若い女性。お気に入りは、無農薬野菜をふんだんに使ったお惣菜が数種と玄米ご飯が盛られたベジプレート。基本、肉や魚はありませんが、野菜に噛みごたえがあるせいか、かなりの満足感。化学調味料は使用せず、薄味ですが、色々と工夫しておられ、とても良い味付けです。

レコッコレ スープ 002.JPG

お野菜の出汁だけで作ったスープ。深くてやさしい味です。

レコッコレ プレートランチ 003.JPG

お野菜がどっさりいただけるベジプレート。850円

レコッコレ メニュー 005.JPG

「レコッコレ」のお野菜のほとんどをオーナーの弟さんが無農薬で作っておられるとのこと。究極のきょだいコラボレーション。素敵ですかわいい
posted by mie at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

新町「Room Cafe ロカ」

今日は食通の同僚J嬢と新町にある「Room Cafe ロカ」でランチを楽しみました。「ロカ」は以前から気になっていたお店で、健康を考えたバラエティに富んだ定食に定評があるカフェです。雑居ビルの地下でひっそりと営業されています。

1時過ぎに入りましたが、ほぼ満席。ちょうど帰る方がいて、カウンターに2席ゲット。本日の定食を注文しました。

ロカ 定食012.JPG

大根葉と豚のミンチかつ、さといもとベーコンのイタリアンオムレツ、柿とかぶの胡麻和え、キャベツの粒マスタード和え、おつけもの、ご飯とお味噌汁。(800円)

栄養のバランスを考えたヘルシーメニューですが、家庭的なお味でボリュームもあって大満足の定食でした。肥後橋の「玄三庵」と似たコンセプトですが、「ロカ」の方がややボリュームがあるかな。完全禁煙ではないのがマイナス点です。

店内はレトロな喫茶店という雰囲気。食器やインテリアもなんだか昭和風で家庭的なムードが漂います。

平日のランチタイムは、近隣で働く会社員でにぎわっているようです。うちの会社の近くにもこんなお店があればなぁ。
posted by mie at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

「はちはち インフィニティカフェ」京都

京都の西陣にトトロに出てくるような小さな森があります。その中にあるのがドイツパンのお店「はちはち インフィニティカフェ」。こだわりの材料で、天然酵母のドイツパンを焼いておられます。

ハチハチ 玄関.JPG

ハチハチ 外.JPG


森の中の古い町屋のカフェでは、時が止まったかのような不思議な感覚に襲われます。

ハチハチ 庭.JPG

そんな中でいただくドイツパンのオープンサンドランチは、4種のパンとスープのセット。パンに乗せる具材はひき肉と野菜の炒め物だったり、さといものゴルゴンゾーラ和えだったりと、オープンサンドの食べ方に開眼させられました!

ハチハチ ランチ.JPG

パンも買えますが、昼過ぎには売り切れてしまうことも多々あるそうなので、早めに行くのがお勧め。はちはちのパンは噛めば噛むほど旨みが口の中に広がるインフィニティ(無限)の美味しさです黒ハート

行き方は、出町柳方面からだと、上長者通りを西へ向い、千本通りへ出るひとつ手前の通りを左(南)へ入り、すぐの細い道(看板がでています)を右です。


posted by mie at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

鶴橋「冷麺館」でランチ

土曜日は、夫と大阪公園へウォーキングに出掛けました。朝からの晴天で、気温はぐんぐん上昇。でも、緑が多い公園や水辺はひやっとして涼しくて、歩くと気持ちいいんですよね〜。これから暑くなって、ウォーキングにはしんどい時期になりますが、体型&健康維持のためには、せっせと歩かなきゃー!

ランチは二人の意見一致で、韓国冷麺に決定!大阪城公園から、鶴橋の「冷麺館」に向かって再びウォーキングを開始。

「冷麺館」は何度か訪れたことがありますが、いつも寒い時期で、スープものばかりいただいていました。冷麺は今回が初めてです。二人用のお得なセットを注文。冷麺2つとチヂミ1つのペアセットは2200円でお得。

冷麺館チヂミ.JPG

チヂミは、私好みのパリパリ系。粉が少なくて具が多い、かき揚げ風です。サクサクしてとても美味です。

冷麺館冷麺.JPG

冷麺は、やはり「冷麺館」という店名だけあり、美味しい♪スープはさっぱりしていますが、とても深みがあります。特に麺の固さがちょうどいい。お店によっては、コシがありすぎて、顎がつかれる店がありますが、適度なコシでいい感じです。
posted by mie at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

梅田「ベトナムフロッグ」でランチ

実は熱烈な「ビバヒル」ファンだった私。十数年前には、職場のビバヒルファンと‘ビバヒル会’などという会を作り、ドラマを熱く語り合っていました。ついには「ビバヒル」ロケ地を回るために3泊5日でLAへ行った程です。

4月からNHK教育で「新ビバヒル」が始まったのをきっかけに、音信不通だったメンバーのひとりM嬢から数年ぶりに連絡があり、日曜日に久しぶりのビバヒル会を開きました。

4人とも大好きなベトナム料理を囲んでおしゃべりを楽しみました。
ベトナムフロッグ 004.JPG

ベトナムフロッグ 005.JPG

空芯菜と海鮮の炒め物や生春巻きなどベトナム風お惣菜、フォー、デザートとベトナムコーヒーが付いてたニャチャンランチは1580円。

4人全員集まったのは7年ぶり。生活環境はそれぞれ変わったけれど、7年の空白はまるでなかったかのような盛り上がりでした。好きなモノで結ばれた絆はすごいなと実感。しゃべるわ、しゃべるわ、気がつけば、お店には私たちだけになっていました〜。

懐かしい仲間との再会のきっかけを作ってくれた「新ビバヒル」に感謝です。

posted by mie at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

銀座「GINTO」でランチ

月曜日は、たまたま埼玉の実家へ里帰りしていたH嬢とスケジュールが合ったので、ランチをご一緒しました。

お店はH嬢おススメの銀座のGINTOです。場所はプランタン裏のビルの5階です。実家の家族の集まりなど、何かのときには利用するレストランなのだそう。食通のH嬢のおススメということもあり、期待も高まります。

お料理のジャンルはイタリアンフレンチ。お店の雰囲気はニューヨークコンテンポラリーです。

ランチは、パスタランチ、カレーランチ、スープランチ、メインランチ、ブッフェランチなど7,8種類用意されています。迷いに迷った末、H嬢が「いつも迷うけど、結局はカレーを選んでしまう」とのことで、二人ともカレーランチを選びました。

カレーと云ってもグリーンカレーです。ご飯は五穀米で、ご飯の上には野菜がたっぷりトッピングされています。そしてグリーンカレーのルーの中にも、野菜がたっぷり。健康オタクの私とH嬢にとってはうれしいメニューです。

GINTO カレー.JPG

お味は…美味しい黒ハート味に深みがあり、まろやかです。辛さもほどほどで、飽きがこない美味しさ。グリーンカレーの域を超えた、洋風グリーンカレーと云ったところ。H嬢がリピートする気持ちが理解できます。

月曜日の昼間ですが、私は黒ビール、H嬢はスパークリングワインをいただきました。昼間のアルコールって贅沢〜黒ハート。しかも平日だし〜。

デザートは数種類から選べます。二人ともに抹茶のクリームブリュレをチョイス。コーヒーも丁寧にいれてあります。

GINTO デザート.JPG

カレーランチは、サラダ、カレー、デザート、コーヒーか紅茶がついて1,900円です。

お店に高級感がある割には、お値段は比較的リーズナブル。スタッフの対応も文句なしに素晴らしい。リピート率が高いのがわかります。

H嬢はひとまわり以上年下なのですが、海外生活が長かったせいか自分の意見をしっかりともった女性。ワイン好きと健康オタクという共通点があり、同じ職場で仕事をした時間は短いですが、その後、長いお付き合いをさせてもらっています。

友達って、同じ職場や学校、ご近所などという共通点だと、それがなくなると離れていく率が高いですが、共通の趣味や楽しみ、それに共通の価値観を持っていると、長く付き合いができるのだなと感じる今日この頃です。
posted by mie at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

自由が丘 ベトナム家庭料理「QUAN AN TAM」でランチ

連休を利用して、東京滞在中の夫を訪問しました。晴れ女の私ですが、残念ながら今回の滞在はお天気に恵まれず雨

しかし、めげずに、降り出しそうな曇り空を気にしつつも、滞在初日は、お気に入りの自由が丘へ出掛けました。もちろんウォーキングです!

五反田から歩くこと2時間ほどで自由が丘へ到着。雑貨屋めぐりをしていると、細かい雨が降り出しました。ちょうどお昼時ということもあり、「何か温かいものが食べたいね〜。」とウロウロしていると、自由が丘デパートというレトロなビルの2階にベトナム家庭料理店を発見!「温かいフォーでも食べよう!」とランチは「QUAN AN TAM」に決定です。

お店に入ると、レジ横にトイプードルが2匹鎮座しており、不思議な雰囲気。2匹とも人懐っこくておとなしく、店を歩きまわることはありません。私たちは犬好きなので全然OKですが、そうではない人は抵抗あるだろうなとは思いました。

私は鶏肉のカレー麺を注文。マイルドな辛さで美味しいです。

鶏肉入りカレー麺.JPG

夫は牛肉入りフォー(辛)を注文。彼は少し辛いフォーを期待していたようですが、出てきたのはコレ。見るからに(辛)ではなく(激辛)。

牛肉のフォー(辛).JPG

フォーを2、3本食べた夫は、泣きそうな顔で「無理…」ふらふら韓国料理で辛さに鍛えられた私が、この激辛フォーを引き継ぎました〜パンチ辛い…たらーっ(汗)唇がピリピリ。でも、辛いけど、美味しい黒ハートやめられない…。で、完食してしまいました〜。さすがに、スープは飲めませんでしたけどあせあせ(飛び散る汗)

私が注文したマイルドなカレー麺を食べた夫はご満悦黒ハート

身体の芯から温まり、ぽかぽかです。
今度は、夜の部に来てみたいお店です。

posted by mie at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

六甲道 韓国料理「黄雲」でランチ

土曜日は、韓流トモダチのT女史一押しの韓国料理店「黄雲」で韓国料理ランチを楽しみました。「黄雲」はJR六甲道から2、3分のところにあります。T女史の在日韓国人のお知り合いが「美味しいから」と教えてくれたお店だそうです。

「黄雲」は、オモニが切り盛りするこじんまりした家庭的なお店で、焼き肉中心ではなく、チゲ、キンパ、チャプチェ、トッポギなどの韓国家庭料理中心というのが魅力黒ハート

私は、カムジャタン定食を注文。

カムジャタン.JPG
カムジャタンは、今まで行った日本の韓国料理店ではなかなかお目にかかれなかったので、約10種類のランチメニューがあったにもかかわらず、迷わず即決です!基本はジャガイモと豚バラのスープなのですが、「黄雲」では白菜やシイタケなど野菜がたっぷり。辛い赤いスープを予想していたのですが、豚のスープにゴマペーストが入ったような日本の鍋にありそうな味。深みのあるスープです。

T女史は、豆腐チゲ定食を。
豆腐チゲ.JPG

ランチ定食は、ご飯、数種のおかずが付いてすべて1000円以下でいただけます。

トッポギも注文しちゃいました〜わーい(嬉しい顔)写真を撮るのを忘れましたが、韓国風鶏の唐揚も注文してま〜す。

トッポギ.JPG
「食べられなかったら、お持ち帰りもできますので〜」の店員さんの気遣いをよそに完食わーい(嬉しい顔)

「黄雲」、美味しいですexclamation韓国料理のジャンルでは相当高いレベルグッド(上向き矢印)少し遠いですが、リピートすること間違いなしです。

T女史とは、お決まりの韓流トークで大盛り上がりグッド(上向き矢印)T女史が、韓国旅行で大ファンのキム・レウォンに遭遇したときのことを話される様は少女のよう。日本のおば様方の目をハート型にしてしまう韓流スターの魅力ははかり知れないものがありますあせあせ(飛び散る汗)
タグ:チゲ
posted by mie at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

京都四条烏丸「お菓子とワインとフランス料理レザン」

週末、京都へウォーキングに出掛けました。この時期にしては比較的暖かく、お天気にも恵まれウォーキング日和晴れ

11時頃、京阪出町柳から最終目的地の中書島へ向けて、ウォーキングを開始しました。出町柳から御所の東側の寺町通りを南下。寺町通りは古い雰囲気のある街並みを残しながら、ぽつぽつと町屋を利用した新しいお店が見受けられる京都の新旧が混在する通り。そんな街並みやお店に気を取られながら歩いていると、あっという間に四条界隈まで到着しました。

ちょうどお昼時となり、ネーミングに惹かれ行ってみたかったお店「お菓子とワインとフランス料理 レザン」でランチをいただきました。場所は四条烏丸の裏通り。店構えはシンプルでさりげない感じ。フレンチレストランと云うより、ティールームっぽい外観です。

レザン 入口.JPG

ランチタイムは12時から。あっという間にテーブルは満席に。
ランチは1,050円から。私たちは、前菜+メイン+パン+グラスワイン付きのランチコース(1,450円)を注文。前菜とメインともに、それぞれ5種類から選べます。

前菜
レザン エスカベシュサラダ.JPG
私はエスカベッシュサラダ、夫はじゃがいものポタージュを。

メイン
レザン 鶏モモのグリル野菜スープ仕立て.JPG
私は鶏モモ肉のグリル、野菜スープ仕立て。

スズキのバター焼き 005.JPG
夫はスズキのバターソテー。オーロラソースっぽいソースが美味です。

お料理は、素材の味を生かした美味しさ。野菜もとてもフレッシュでよいものを使用していると思います。

ワインは…好みもあるとは思いますが、私たちの好みには合わずたらーっ(汗)残念バッド(下向き矢印)

食事後は、鴨川沿いをひたすら南下。JR京都駅を越えた後は、東福寺、鳥羽街道、伏見稲荷と歴史ある旧街道の町沿いを歩きました。

伏見稲荷 鳥居.JPG

伏見稲荷へは、一度だけお正月にお参りに来たことがあります。その際は、ものすごい人出でゆっくり見学することが出来なかったので、今回はゆっくりと見学を。あの有名な朱塗の鳥居のトンネルに感激ぴかぴか(新しい)まるで異空間です。
posted by mie at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

肥後橋「アジアガーデン」でランチ

本日のランチ、ずーっと気になっていたお店「アジアガーデン」へ行ってみました。なぜ、気になっていながら入ったことがなかったのかと云うと、お店の外観が暗くて、なんだか入りずらい雰囲気だったからですたらーっ(汗)

でも、トムヤム麺に無性に惹かれ、本日、思い切って入ってみました。店内は大テーブルが3つか4つドーン、ドーンとあり、アジアの食堂と云った感じの飾らない雰囲気。店内はちょっと暗いかな、でもひとりでも全然入りやすい雰囲気です。実際、ひとりで食事をされている女性が数名おられました。

「アジアガーデン」というお店の名前の通り、アジア料理のお店で、タイ、ベトナム、韓国が中心のメニューがずら〜り。グリーンカレーにも惹かれましたが、やはり気になるトムヤム麺を注文。

アジアンガーデン.JPG

気になっていただけありました!う、旨い!旨過ぎる黒ハート甘さ、酸っぱさ、辛さと塩味が一体となったスープが素晴らしい!周りを見回すと、トムヤム麺を食べている人が多いのは、納得です。

白菜、葱、青菜などお野菜も結構たっぷり入っているので、ヘルシーです。麺は韓国冷麺の麺のようなこしのあるタイプ。スープの味の深さと麺の食感・・・病みつきになりそう黒ハート

トムヤム麺、グリーンカレー、フォーなど単品はすべて750円。キャベツのお漬け物が付いています。ご飯などが付いたセットは1,000円です。

店内のテレビでは、韓国ドラマが流れており、思わず観入ってしまい、アッという間のランチタイムでした〜。

「アジアガーデン」、きっとリピートすること間違いなしです!

posted by mie at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

「サルバトーレ・クオモ 白金台」でランチ

東京滞在最後のランチは「サルバトーレ・クオモ 白金台」で。麻布十番や六本木などへのウォーキングの途中に見つけて、ずっと気になっていたお店です。

「サルバトーレ・クオモ」はピザの超有名店で、大阪にも出店しているようですが、私はこの白金台店が初めて。

お正月のため(?)ランチメニューはありませんでしたので、単品で注文を。

サルバトーレ・クオモ シーザーサラダ.JPG

まず、シーザーサラダ
ボリュームがあって、二人でたっぷりのロメインレタスがいただけます。手作りのシーザーサラダドレッシングが旨い。

サルバトーレ・クオモ ピザ.JPG

ピザは、マルゲリータを。
シンプルですが、文句なしの美味しさです黒ハート

サルバトーレ・クオモ パスタ.JPG

パスタは、牛ほほの煮込みのショートパスタを。
ビーフシチューとパスタを合わせた感じの目から鱗のパスタ。牛ほほ肉がめちゃくちゃや柔らかい。こってりしているのですが、飽きずに食べられます。

スタッフは明るく元気で、対応に好感が持てました。

場所柄かお客さんはセレブっぽい人ばかり。白金、高輪あたりをうろうろしていると、“格差”を意識せずにはいられません。高級車が当たり前のように路上駐車されていたり、何カ月も先まで予約が取れないフレンチの高級店があったり、ファッション誌から抜け出したような高級そうな服に身を包んだカップル・・・。目の保養にはなりますが、経済大国といわれる国で、路上生活を余儀なくされる人たちがいるなか、複雑な想いもわいてきます。
posted by mie at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

自由が丘「ア・ラ・カンパーニュ」でランチ

年末、快晴のウォーキング日和が続きます。次の日は二子玉川へ。

五反田から、目黒、自由が丘と閑静な住宅街をのんびりと歩き、ランチは自由が丘の「ア・ラ・カンパーニュ」で。

ア・ラ・カンパーニュ 九条ネギ&カモのコンフィ.JPG
私は鴨もも肉のコンフィと九条ネギのスパゲティ

ア・ラ・カンパーニュ ボロネーゼ.JPG

夫はポルチーニ茸のボロネーゼ、温泉卵のせ

ア・ラ・カンパーニュ サラダ パン.JPG
パンとベビーリーフサラダ

カフェのランチメニューですが、お味も本格的でボリュームもあり大満足。

店内は南仏風で、明るく居心地の良い雰囲気でした。
posted by mie at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

五反田「バル・ディ・フーモ」でランチ

明けましておめでとうございます

今年も健康で、たくさんの美味しいモノとの出会いがありますように!

夫共々9連休が取れたので、お正月休みを東京で過ごしました。お天気にも恵まれ晴れいつも通りの(笑)グルメとウォーキング三昧のお休みとなりました。

26日の昼過ぎに品川へ到着。山手線も微妙に人が少ない感じでした。ランチは五反田のマンション前にあるイタリアンバール「バル・ディ・フーモ」へ。以前バール利用で、お味の良さは確認済み。

プリモランチで、私はリゾット、夫はパスタをチョイス。

バルディフーモ リゾット.JPG

ジェノバ風バジルソースリゾットは初めての味。"バジルペーストはパスタ"という固定観念がありましたが、リゾットに使ってもいいんだと目から鱗。ブロッコリーやカリフラワーなど7種の野菜がたっぷり入って栄養満点。体も芯から温まります。

バル・ディ・フーモ パスタ.JPG

トマトクリームソーススパゲティは数種のお豆が入っていて、ヘルシー。厚切りポークも柔らかい!アルデンテ具合もGoodです。

バルディフーモ 看板.JPG

プリモランチ、パスタかリゾットにサラダ、フォカッチャが付いて800円は、かなりリーズナブル。フォカッチャが、ややパサパサ気味だったのは残念バッド(下向き矢印)
posted by mie at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

難波 インド料理「ASIYANA」でランチ

日曜日は、夫と一緒に楽しみにしていた「のだめカンタービレ 最終章 前編」を観てきました。大スクリーンに、あののだめと千秋が戻ってくるのですから、のだめファンにはたまらない映画です。後編は4月に公開とのこと、楽しみです!

映画の後は、インド料理「ASIYANA」でランチをいただきました。

夫はマイランチ(880円)を注文。
海老カレー.JPG
海老カレー、ナン、サラダ、タンドリーチキンのセット。ドリンクはラッシーを。

私はレディースランチ(950円)を注文。
ホウレン草とじゃがいものカレー.JPG
ホウレン草とジャガイモのカレー、ゴマナン、サラダ、タンドリーチキン、ヨーグルト(マンゴーソース)のセット。ドリンクはラッシーを。

「ASIYANA」は、インド料理店の中では一番のお気に入り。JR難波駅(OCAT)から徒歩2〜3分のところにあります。

ASIYANA 入口.JPG

カレーの辛さは5段階(6段階だったかも)で選べます。いつも辛口を選びますが、もう一段辛くても大丈夫かも。ナンもほんのり甘くて、カレーに合います。特にゴマナンが香ばしくて美味しい黒ハート
posted by mie at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

鶴橋「王チャジャン」でランチ

韓国ドラマの食事シーンでよく見かけるジャジャン麺。一度、食べてみたいと思いながら、意外に韓国料理店ではみかけず、食べる機会がありませんでした。

鶴橋にジャジャン麺の専門店があるという情報を韓流ファンのT女史が入手。早速、日曜日に鶴橋へ出掛けました。

お店の名前は「王(わん)チャジャン」。JR鶴橋駅からJRの高架横を北に入ったところにあります。

メニューも見ずに、二人ともジャジャン麺を注文。出てきたのは、麺の上にハヤシライスのルーがのったようなモノ。味もハヤシライスに赤味噌を入れたような感じ。最初は、ん?と思いましたが、食べ始めると止まらなくなり、結構美味しくいただきました。韓国で食べたことがあるT女史も「ここのはかなり美味しい!」とご満悦。二人ともお腹が減っていたのもあって、あっという間に平らげました。

鶴橋 ジャジャン麺 002.jpg

お客さんは地元の方がほとんどのようで、お店では韓国語が飛び交っていました。韓国風中華料理店とのことで、メニューを見てみると、そそられるモノがわんさか。是非リピートしたいお店です。

王チャジャン入り口004.jpg

ず〜っと食べてみたかったジャジャン麺がいただけて大満足。私の食への関心は人並み以上なので、食べることに関しては本当にフットワークが軽いな〜と自分でも思います。

ジャジャン麺を平らげた後は、鶴橋を散策。激安韓国コスメ店で、コラーゲンパックを50円でゲット!買ったものの、若干不安で、また試しておりません(笑)
posted by mie at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

肥後橋「玄三庵」でランチ

金曜日は午後から有給を取り、友人のヨウコさんと肥後橋の「玄三庵」でランチをご一緒しました。「玄三庵」は私のランチタイムのルーティンに入っているお店。会社から少し遠いので、いつもはあわただしくいただくのですが、金曜日は、ゆっくりと美味しくて健康的なランチを満喫しました。

玄三庵 かぼちゃのコロッケ.jpg

いつも注文するのは健康定食。この日の献立は・・・メインはかぼちゃのコロッケのトマトソースかけ、その他のお惣菜は、ひじきのマリネ、ダイコンの青菜のあんかけ、野菜入り玉子焼き。玄米ご飯、お味噌汁。小さな飲む野菜と豆乳プリンが付いて895円。プラス50円でドリンクも付きます。私は豆乳オーレ、ヨウコさんは玄米茶をいただきました。

かぼちゃのコロッケには少しハーブが入っていて、それがアクセントに。甘くて美味しい〜黒ハート

食事に気を配っている人が増えているせいか、最近では、1時過ぎに行っても満席の時があります。以前は女性のお客さんがほとんどでしたが、最近は男性の姿もよく見かけます。

ヨウコさんとは話足りず、その後、梅田へ繰り出しました。
posted by mie at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

表参道 「遊茶」

私がリスペクトする料理家の大原照子さんお奨めの中国茶の店が表参道にあるとのことで、中国茶「遊茶」を訪れました。ショップで中国茶数種を購入。2階にはカフェがあり、お昼時だったのでランチをいただきました。

ランチは3種類から選べ、すべて1050円。

「遊茶」鶏肉のワイン蒸し .jpg
私は彩り野菜と鶏肉の白ワイン煮のランチ。

「遊茶」シーザーサラダ.jpg
夫はシーザーサラダとポタージュのランチ

五穀米のご飯かフォカッチャのどちらかを選べます。本日のお茶が付くとのことで、すごく期待していたのですが、出されたのはほうじ茶。中国茶を期待していたのでがっかり。しかもそのほうじ茶も特に美味しいわけではなく、テンションが下がりました〜(泣)

窓際の席からは、表参道ヒルズが臨め、ロケーションは抜群です。
表参道ヒルズ.jpg

GWということもあり、表参道はものすごい人でした。原宿にオープンしたフォーエバー21へ若者が殺到したとのことで、そこから流れてくる人たちも多かったのでしょう。

ランチ後は、人ごみを避けようと、青山霊園を通り乃木坂方面へ向かいました。大通りを少し外れると閑静な住宅街があり、あの雑踏がうそのよう。

渋谷へ行ったときもそうですが、渋谷駅周辺の恐ろしい人の波が、少し歩くとウソのように消え、松涛という瀟洒な住宅街が現れます。

東京をウォーキングすることで分かったことは、坂が多くアップダウンが結構激しいこと。京都や大阪などベターとした土地を歩いていた私には結構堪えました(汗)

歩いてみると、色々と分かることが多いですね。
posted by mie at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

淀屋橋「アドパンデュース」でランチ

4月は色々な方からのお誘いがあり、ランチやディナーに出掛ける機会が多かった月でした。やはり気分的に出掛けたくなる時期なのでしょうか。

以前、職場に派遣で来られていたO女史からも久し振りに連絡があり、ランチをご一緒しました。噂の「アドパンデュース」へ行きたい!とのリクエストだったので、そう云えば私も行ったことなかったわと、お店は即決です。

「パンデュース」で時々パンを買うことはありましたが、レストランがメインの「アド…」は初めて。淀屋橋Odonaがオープンしてしばらくはいつも混んでいるというウワサだったので、敬遠していたのも行かなかった理由。

有機野菜たっぷりのピッツァランチは、想像を超える美味しさ!ピッツァ生地のモチモチ感もすばらしいしのですが、トッピングの野菜の美味しさには感動です黒ハート

パンデュース ピザ.jpg

こんなに美味しいのならもっと早く来れば良かった〜。ピタパンランチを注文したO女史も野菜の美味しさにご満悦黒ハート恐るべし、アドパンデュース!

ディナーのメニューも充実しています。お昼でこれだけ美味しければ、夜もかなり期待できそう。大阪でも美味しい野菜が食べられるお店が増えてきているのが嬉しい。
posted by mie at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

京都北山「ヴァプール」でランチ

お花見の喧騒も一息ついた先週末、M嬢と一緒に京都ウォーキングを楽しみました。お天気にも恵まれ晴れ京阪出町柳から北山、京都御所、寺町通り、京阪三条へというコースをのんびりと歩きました。このコースは私たち夫婦のお気に入りのコースで、何度か歩いているのですが、一緒に歩く相手が異なると、立ち寄るお店も違い、風景などが全く違っていて見えるのが不思議でした。

M嬢にも是非食べてもらいたかったレーズンバターサンドを買いにブーランジェリー「グランデール」に寄り、北山通りへ。おしゃれなカフェやブティックが立ち並ぶ通りは、京都とは思えない雰囲気。

ランチはどこにしようか〜とウロウロしていたら、北山通りから少し入ったところにフランスの旗を発見!近寄ってみると可愛いフレンチカフェが!ここにしよ〜っと即決したお店はフレンチカフェ「ヴァプール」。

ランチは前菜、メイン、パン、コーヒーか紅茶が付き1570円。ランチにして少しお高めですが、ディナーもこのお値段でいただけるとは嬉しい限り♪

京都 北山ヴァプール 入り口.jpg

京都 北山ヴァプール 前菜.jpg
前菜は生ハムのサラダ

京都 北山ヴァプール トリッパ.jpg
メインはトリッパ(牛の胃袋)と白いんげん豆のトマトソース煮込み

臭みが心配だったのですが、くせが無く、とても美味黒ハート添えてあったにんじんのバターライスとの相性は抜群でした。

料理の美味しさはもちろんですが、気取らないカフェの雰囲気もとても気に入りました。ゆったりと時間が流れてゆく感じが心地よいです。

ランチの後は、画廊やアンティークショップに立ち寄ったり、寺町通りの一保堂茶舗でアイス抹茶をいただいたりと充実の一日でした。
posted by mie at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

肥後橋「玄三庵」でランチ

地下鉄肥後橋駅近くにある「玄三庵」、最近みつけたお気に入りのお店。有機野菜をふんだんに使ったランチが食べられます。

“39品目の健康定食”は、小さな野菜ジュース、メイン料理とお惣菜3種がのったワンプレート、玄米ごはん、お味噌汁、豆乳プリンが付いて895円はかなりお得感があります。毎日メニューが替わるので、お財布が許せば毎日でも行きたいくらい。カウンター席もあるのでひとでも入り易い。男性も健康を意識した感じの人が多く、客層もかなり良いです。当然、タバコなんて吸う人はいません。(きっと禁煙なのでしょうね)

これは先週の木曜日のランチ。

玄三庵 39品目の野菜ランチ.jpg

メインがトリのから揚げレモンソース、サイドディッシュは、左からだし入り玉子焼き、ほうれん草の胡麻和え、ごぼう、ニンジン、絹さやのキンピラ風。

会社から少し離れているので、誰かとおしゃべりを楽しみたいときには向かないですが、ひとりランチを満喫できるお店です。みんな身体にいいものを求めているのか、13時を過ぎても満員のときがあります。大事なランチスポットなので、会社の人には内緒で〜す(^^ゞ

ベジタリアンやマクロビ料理のような極端に動物性たんぱく質をはずした料理ではないのが気に入ってます。野菜は沢山取りたいけど、やはり肉や魚は美味しいし、少しなら食べたい。そんな私の理想と合致したお店です。

私のランチの基本は手作りのお弁当。作れないときはきちんとした食事が出来るお店で食べるようにしています。どのお店も揚げ物や肉料理のようなボリュームあるランチメニューが多い中、野菜たっぷりのランチを見つけるのは指南の業。そんな中、「玄三庵」は少ない私のお気に入りランチ店リストのトップに躍り出ました。

カップめんやコンビニ弁当は絶対食べたくないので、新しいお店の開拓にもがんばろう手(グー)
posted by mie at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

北浜「包丁一本」でランチ

仕事でお付き合いのあるT女史が大阪に出て来られたので、ランチをご一緒しました。和食をとの希望だったので、北浜にある「包丁一本」へ。

包丁一本 二段弁当.jpg

こちらのニ段弁当は、本当にイチオシです。丁寧に調理されたお肉、お魚、お野菜、フルーツがお重にぎっしりと可愛く入っています。お弁当と云うよりミニ会席という感じ。割烹の板前さんがきちんと作っておられるので、これで1,050円はお得感があります。赤だしとご飯が付いています。ほうじ茶も丁寧に入れてあり美味しい。

T女史はお互い韓流ファンということもあり、プライベートでもお付き合いさせていただいている方。最近では私もT女史も韓流熱はかなり冷めましたが、T女史のお母様は相変わらずのヨン様ファン。お父様(ご主人)が亡くなられた喪失感と持病の腰痛の悪化で、家に閉じこもりがちのお母様を救ったのがヨン様なんだそう。ヨン様の映画やファンの集い、そして韓国旅行にも出掛け、すっかり元気になったそうです。腰痛もどこかへいってしまったらしい。恋の力は偉大です。私はアンチ・ヨン様ですが、多くの年配の日本人女性を元気にさせてくれた功績は偉大だな〜と認めざるを得ない。恐るべしヨン様。
タグ:割烹 韓国 会席
posted by mie at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

東梅田「Henry」でランチ

元同僚で結婚してイギリスに住んでいるジュンコさんが久々に里帰り。本当に久し振りの再会を果たしました。ランチをしましょう〜ということで、昔ふたりでよく行った東梅田のカジュアルイタリアンレストラン「Henry」へ。飲食店がめまぐるしく変わる梅田のこと、「Henry」がまだあるのかなあと不安でしたが、ありました!リーズナブルなお値段も美味しさも昔のままでした。

パスタランチは800円。メインランチは900円だったと思います。梅田でこのお値段はお手頃かと。

Henry サラダ 007.jpg
フレッシュサラダ

Henry なすのトマトソースパスタ.jpg
私はパスタランチをチョイス。なすのトマトソース。私好みのソースです。パスタもシコシコのアルデンテ黒ハート

Hnery チキンのグリル.jpg
ジュンコさんはメインランチ。チキンのグリルは、皮がパリッと焼けて美味しそう。塩加減も抜群だったとのこと。

デザートに小さなパンナコッタが付いていましたが、おしゃべりに夢中で撮影を失念。

いつも元気一杯のジュンコさんのキャラには、今も昔も本当に元気を与えられます。二人の息子さん達はもうティーンエイジャー。ご主人のトーマスさんは相変わらずお優しそう黒ハート

ジュンコさんは、イギリス大好き女性で、「絶対イギリス人と結婚してイギリスに住む!」と宣言していた人。その希望をかなえてしまうっていうのもすごいなぁ〜と感心したものです。

話題は最近の経済危機期に。イギリスの景気も相当悪いらしく、失業率がどんどん上がっているとのこと。ただ日本と違うのは、なんと言っても福祉大国なので、セーフティネットがあること。羨ましい。そして、最近のポンド安にも触れ、「私が初めてイギリスに行ったときは、1ポンド400円だったわ。今じゃ130円でしょう〜。」と時の流れを実感。

ジュンコさんと別れた後、映画「チェンジリング」を観に行きました。私が想像していたいわゆるすり替えモノのミステリーとは全く違う内容でした。

舞台は大恐慌時代のロサンゼルス。息子を誘拐されたシングルマザー(アンジェリーナ・ジョリー)が腐敗した警察と戦うという社会派の映画でした。その影には残忍な連続殺人事件が隠されています。前半では権力の恐ろしさが、後半では子供の奪還をかけて戦う母親の信念の強さがどーんと伝わってきます。監督はクリント・イーストウッド。やはり名監督と言われるだけの作品です。
posted by mie at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

奈良 ANNE-MARIE CAFE (アンヌマリーカフェ)でランチ

記事UPが滞ると、写真や紹介したいことが溜まってしまい、今ごろ、1月中旬の奈良でのランチをUPです。

訪れた時期が1月というのもあってか、観光客もまばら。の〜んびりと久し振りに奈良公園を散歩。緑の中を歩くと心が休まりますね。

鹿が公園に居るのは違和感を感じないのですが、公園近くの商店街の入口に居たのには猛烈に違和感を感じました^_^;鹿が普通にウロウロしている街、奈良って不思議な所ですよね。

お昼を食べるのに、奈良公園の周りを物色したのですが、高いばかりであまりそそられるお店はなし。そこでひらめいたのが、奈良女子大の近くなら、女子大生好みのおしゃれでリーズナブルなお店があるはず!という私のアイデア。このひらめきは正解でした。

奈良女子大から近鉄奈良駅へ向かう商店街の中に、イタリアン、エスニックなどそそられるお店が並んでおり、迷った末に選んだのが英国風カフェ「ANNE-MARIE CAFE (アンヌマリーカフェ)」です。雰囲気は女性が好みそうな花柄のロマンチック系。ケーキや飲み物だけでなく、ランチが充実していたのが決定の理由。

プレートランチ

奈良 ランチ.jpg
彩りが綺麗で、見ているだけで楽しくなるプレート。沢山の食材がいただけるのが嬉しい。

奈良 マシュマロココア.jpg
食後は、マシュマロココア。見るからにカロリーが高そうですが、超おいしい。カップ&ソーサーは私の大好きなブルー&ホワイト。

土曜日だったので、女子大生らしき人たちはおらず、上品系のマダムたちで満席でした。ちなみに男性は夫ひとり。そんなことは気にせずに、彼はマシュマロココアをいただきご満悦。

奈良は、京都に比べ来ることは少ないのですが、色々と発掘しがいがありそう。
posted by mie at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

なんばパークス 「マザーリーフ」でランチ

先々週の週末ランチをUP。

なんばのヤマダ電機にデジカメをチェックしに行きました。安くなったな〜と思いながらも、種類が豊富すぎて迷ってしまい、結局「もうちょっと待とうか」ということに。少し待てば、新しい商品が出て、その前のものが安くなるので、買い時の決断が難しいですね。

ちょうどお昼どきだったので、なんばパークスでランチを。以前も一度入って美味しかったので、「マザーリーフ」でサラダランチをいただきました。

私の大好きなコブサラダです。
マザーリール コブサラダランチ.jpg
チキンの照り焼き、ゆで卵に数種類の野菜に豆。栄養たっぷりです。

マザーリーフ ワッフル.jpg
ランチには食べ放題のワッフルが付きます。サクサクとした食感が私好み。甘さも料理とちょうど合うので、つい追加をしてしまいます^_^;

コーヒーか紅茶が付いて1200円でした。デザート代わりに、再びワッフルを追加^_^;

なんばパークスは大好きな場所。カタログハウス、DHC、生活の木、ロクシタン、ローラアッシュレイ、ノーリーズ、カタログハウスと私の大好きなお店が集中しています。建物に沿ったお庭にも癒されます♪
posted by mie at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

四天王寺 プティスープルでランチ

先週末、夫と「007 慰めの報酬」を観て来ました。夫は大の007ファンなので、新作公開のたびに鑑賞しています。私はと云うと、特に興味がないという感じなのですが、夫は一人で映画へ行ったことがない(行けない?)人なので、いつも私が付き合うことになります。基本的に映画は一人で観るものだと思っている私は、なぜ一人で行けないのかが不思議で仕方がありません。

映画は私もまあまあ楽しめたので、良かったかな〜と。(夫は大興奮!)

映画鑑賞後は、四天王寺の「プティスープル」でランチをいただきました。ここはワインレストラン「スープル」のカジュアル版のお店。「スープルと同様、素材にこだわった食事を提供してくれます。

私は30品目を取ることが出来るプティランチを。

プティスープル プティランチ30品目.jpg
お〜、すごい!野菜が山盛りです。私たちのような健康志向の人にはたまらないランチです。ちょっとこってり系は、ゴルゴンゾーラのキッシュくらいでしょうか。

夫は本日の鮮魚ランチ。
プティスープル スズキのポアレ.jpg
スズキのポアレは外はカリっと、中はふんわりで絶妙の焼き具合です。

007を観てご機嫌の夫は、グラスワインを注文です。
プティスープル 赤ワイン.jpg
フランスの赤ワイン。ワイン専門店だけあって、グラスワインの種類も豊富です。

ボリューム的には、ちょっと物足らない感じなのですが、あれだけ野菜を食べられたという心の満足感があるランチでした。
posted by mie at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

玉造「kotikaze」でランチ

土曜日はあこがれの「kotikaze」でランチを楽しみました。
「kotikaze」はJR玉造駅から徒歩10分ほどの静かな住宅街にあります。町屋を改造したお店で、間口が狭くうなぎの寝床のような造り。うっかりすると通りすぎてしまいそう。明星学園という中学のそばにあります。

kotikaze 入り口 006.jpg

以前に一度「kotikaze」を目指して来たことがあるのですが、見つけられず諦めて帰ったことも。その次もお休みに当たってしまって断念。お休みが不定休なので、HPで確かめて出掛けるのがお奨めです。

松花堂弁当(1000円)を注文。

kotikaze 松花堂弁当 004.jpg

オーナーが有名割烹の出身だそうで、お料理はどれもだしを利かせたやさしいお味。一皿一皿丁寧に作られているのがわかります。ご飯はおひつで出してくれます。ご飯が美味しいので、ついついおかわりを。

次回は、ジャパニーズアフタヌーンティの宝づくし(2000円)を是非楽しみたい。手作りの和菓子も評判だそうです。

お店の雰囲気はジャパニーズレトロモダンという感じ。温かみのあるほっこりとした雰囲気で、とても落ち着きます。

玉造界隈は、隠れ家的なお店がぽつぽつとあり、散策しがいがありそう。
posted by mie at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

北海道で出会った美味しいモノE

旅の最終日は札幌で過ごしました。

札幌で是非食べたかったのがスープカレー。すすきの界隈で、美味しいお店を発見。

札幌 スープカリー.jpg

実は私は今回がスープカリー初体験。スープカレーにもルータイプとスープタイプがあって、私たちはスープタイプを選択。さらさらのカレースープという感じ。でも、とても深い味わいで、スパイシー加減も抜群。ご飯とも好相性。お野菜がどっさり入ってお腹も大満足。私はカマンベールチーズをトッピングしてもらいました。

千歳空港では、北海道旅行のシメに、空弁をいただきました。タラバガニの巻き寿司。タラバガニをタラバガニで巻いてあります。なんと贅沢な〜♪うまいはずですわ〜黒ハート

空弁 タラバガニの巻寿司.jpg

食い気に走って撮影を忘れ、今回ご紹介できなかった美味しいモノのラインアップを。

・帯広郊外の道の駅で食べた150円の茹でとうもろこし(実はこれが今回の旅で美味しいものNo.1)
・帯広六花亭本店の生ケーキ。たった180円でこの美味しさ!乳製品の産地ならでは。お店で無料のコーヒーと共に頂きました。
・帯広、十勝フロマージュのカマンベールアイスクリーム。
・昨年に引き続き再訪したあすなろ牛乳の80円の牛乳。

数々の美味しいモノとの出会いに感謝です。ありがとう、北海道〜!
posted by mie at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

北海道で出会った美味しいものD

あまり知られていないようですが、十勝はそば粉の産地でもあります。帯広から富良野方面へ車を走らせると一面にそば畑が広がっています。

ドライブの途中に立ち寄ったのが「新得蕎麦の館」。無農薬栽培で作った引きたて打ちたての玄そばが味わえます。

新得 蕎麦の館.jpg
そばはシコシコで、そばそのもの味がしっかりと味わえます。

長いもの産地でもある十勝でいただくとろろ蕎麦は、究極の地産地消。これこそ最高の贅沢!

食の安全が叫ばれる昨今。自給率100%超えの十勝に方々が羨ましい限り。
タグ:蕎麦
posted by mie at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

北海道旅行で出会った美味しいモノB

今回の旅行で宿泊したのは北海道ホテル。昨年の帯広滞在で大ファンになったホテルです。お部屋も料理も接客態度も全てに‘愛’を感じます。

特に北海道ホテルの朝食が素晴らしい。素材はすべて十勝産にこだわり、出所がはっきりしています。

和朝食か洋朝食を選べます。今回は4泊したので、和も洋もいただけるのが楽しみでした。あえてバイキングにしていないのがいい!

北海道ホテル 和朝食 160.jpg
和朝食。

米、味噌、卵、納豆、青菜、魚など全て産地を明記してあります。特に納豆は大豆の味がはっきりとして感動。

北海道ホテル 洋朝食.jpg
洋朝食。

パンは国産小麦とバターを使ったホテルメイド。野菜も地野菜でフレッシュ。ベーコンは無添加。特にヨーグルトが濃厚で素晴らしいです。

トースト以外のホテルメイドのクロワッサンやペストリーが食べ放題。食い意地がはってしまい、撮影を忘れました〜(涙)

その他、ジュース類、牛乳、水にいたるまで十勝産にこだわっています。北海道ホテルの朝食を食べると、体の中が綺麗になっていく気がします。健康にこだわる私たちには、最高のホテル朝食です。
posted by mie at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする