2010年05月18日

早春の十勝 温泉とグルメの旅C

三日目は、帯広市内から車で一時間ほどの「しほろ温泉プラザ緑風」へ。こちらのモール温泉は、湯船に漂うモール温泉特有の湯の花(藻のような沈殿物)がものすごく多いのです。そして、お湯の色がとても濃い。これは温泉が非常に良質であることを意味するのだそうです。お風呂の種類も豊富で、露天風呂からはゴルフ場が一望できて、解放的です。障害者用の入浴施設もあり、バリアフリーも充実しています。入浴料は500円です。

ひと風呂浴びた後は、ナイタイ高原牧場へ。カーナビに誘導されるがままに、雪景色の山々に向かって車を走らせると、こんな風景が流れていきます。

ナイタイ牧場への道@.JPG

ナイタイ牧場への道A.JPG

GWの真っただ中。渋滞に巻き込まれている人たちに申し訳ないほど車が走っていません。ナイタイ高原牧場は東京ドーム358個分の広大な丘陵地に広がる育成牧場です。

ナイタイ高原牧場.JPG

標高は高いところで1000m近くあるので、頂上へ行けば行くほど雪が多く残っていました。天気の良い日は、十勝平野が一望できます。

ナイタイ牧場のレストハウスで軽く昼食をとった後、10分ほど車を走らせたところにある十勝しんむら牧場へ向かいました。

クリームテラス.JPG

こちらは併設のカフェ「クリームテラス」が有名。濃厚なクロテッドクリームを添えた美味しいワッフルがいただけると聞いたので、立ち寄ってみました。

クリームテラス ワッフル.JPG

ワッフルはサクサク。クロテッドクリームは濃厚。紅茶も丁寧に入れてあります。濃い牛乳を加えたミルクティーはとても美味です。

その後、もうひと風呂浴びようと訪れたのが、「上士幌町健康増進センター ふれあいプラザ」。入浴料は今まで一番安い380円。しかし、施設は充実しています。お風呂も露天風呂はありませんが、大浴場に加え、サウナやジャグジーまであります。休憩所も広くて、入浴後もゆったりと過ごせます。(人が少ないのでさらに広々と感じます)この入浴料とこの施設の充実度から、おそらく地方自治体が運営しているものと推測。毎日温泉入浴が可能とは、十勝の人たちは贅沢だ〜。十勝のお年寄りは、肌がピカピカです
posted by mie at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150311819

この記事へのトラックバック