2011年01月28日

京都「虎屋菓寮」でお茶

前回の更新が半年以上も前…(汗)時間が経つのが恐ろしく早いです。

猛暑がおさまった昨年の10月ごろから、月1回ペースで京都へウォーキングに出掛けています。やはり歩いていて楽しい街だし、アップダウンがないので疲れないのでいい!

先週末はJR京都駅をスタートし京阪出町柳を目指しました。直線距離だとあっと云う間なのですが、浅田次郎の「壬生義士伝」を読んだのに影響され、新撰組の聖地、壬生に立ち寄ることにしました。前に壬生を訪れたのは高校の頃…。その頃は公開されていなかった(と思う)新撰組屯所跡の八木邸が公開されていたので、入ってみることにしました。

新撰組 八木邸.JPG

八木家の子孫という方の説明を聞いたり、芹沢鴨が暗殺された部屋の刀跡などを見て、自称幕末歴女の血が久々に騒ぎました。私たちがガイドを聞いたときには、30名程の参加者がいて、新撰組人気の根強さを実感。NHK大河「新撰組!」が放送されていた年はどれほどの人が訪れたんだろう。

冬の京都は空気がピリリとして気持ちよく、観光客も少ないため、ウォーキングを楽しむには絶好の時期です。行楽の季節には待たないと入れなかった、「虎屋菓寮」でお茶することができました。場所は京都御所の西側、最寄駅は地下鉄今出川です。

とらや 羊羹&抹茶.JPG

私は、もちろん羊羹!お抹茶とセットで1092円。
「とらや」の羊羹はやっぱり最高!むっちり加減がたまりません。

とらや あんみつ.JPG

夫は、好物のあんみつを(1155円)
夫も「とらや」のあんみつは最高!と絶賛。さすが老舗、味に妥協がありません。

とらや玄関.JPG

1年ほど前に改装され、広く、きれいになりました。

posted by mie at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

「ビゴ」の山型グラハムパンで朝ごはん

会社近くのスーパーに、芦屋の名店「ビゴ」のパンが直送されていると聞き、早速、山型グラハムを購入。週末の朝食でいただきました。余計なものが入っていない素朴な美味しさが口いっぱいに広がります。イギリスの朝食で食べたあの薄切りの山型食パンの思い出が蘇ります。

朝食 005.JPG

水菜のサラダ、ニンジンの胡麻酢和え、じゃがいも、ブロッコリー、ソーセージのバジルペーストマヨネーズ和えと共に。紅茶は、堂島の「ムジカ」のアールグレー。うーん、極上の朝食です。トーストの最後の一口は、オレンジマーマレードを付けて、パクッ黒ハート
posted by mie at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

さつまいもとソーセージのグラタンで晩ご飯

久しぶりにグラタンを作りました。ホワイトソース作りが面倒なイメージがあったので、最近ではほとんど作っていませんでしたが、少し前、NHK今日の料理でケンタロウさんが紹介していたやり方が簡単そうだったのでやってみたら、手早くて美味しく出来上がりました!

【作り方】(二人分)
@具材(ソーセージ、玉ねぎ、ブロッコリーの茎)を適当な大きさに切り、炒めた後、白ワインを加え、具がしんなりしたらバターを大さじ2を加える。Aバターが溶けたら小麦粉大さじ1を加えて炒め、牛乳カップ2を少しつづ加え、とろみをつける。Bコンソメ、塩コショウで味を整え、細目のパスタ(カッペリーニ)を食べやすい長さに折り、加え、ざっと火を通す。C具材をグラタン皿に入れ、サイコロ状に切り、レンジで火を通しておいたさつまいもをトッピングし、チーズをちらし、オーブンで焼く。

さつまいもとソーセージのグラタン.JPG

さつまいもを入れたのは正解でした。甘味が加わるので、味のバランスがとても良くなりました。久しぶりのグラタン、こんな寒い時期には最高のごちそうですね黒ハートこのレシピは、ホワイトソースがダマにならず出来るのと、フライパンひとつで出来てしまうのがすごいところ。

具材はなんでもいいし、小麦粉、バター、牛乳があれば簡単に作れるので、これから寒い時期には頻繁にテーブルに上がりそう。グラタンは、カロリーが高そうなイメージがありましたが、野菜がたくさん摂れるので意外にヘルシーかも知れません。

今年は、本当に寒さが厳しいですね。寒さには強い私ですが、今年の寒さはさすがに堪えます。エアコンの暖房が好きではないので、無印で湯たんぽを購入しました。ほっこりした暖かさでとても気に入ってます。

湯たんぽ.JPG

湯たんぽA.JPG

カバーもこんなかわいいのが売ってます。
posted by mie at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする