2009年03月08日

イチゴのロールケーキ

ロールケーキは簡単なので、よく作るお菓子ですが、お菓子本などで紹介されているレシピで試行錯誤して作ってはきたものの、なかなか納得のいく生地が作れずにいました。

最近、知り合いの方から教えてもらった生地のレシピが私の理想にぴったりで、しっとりしつつ、でもしっかりとした生地に焼き上がりました。知り合いの方はプロの方から教えてもらったそう。切るときは、ナイフを温めて切ると切り口が綺麗だとか、巻くときはさしを利用するとしっかりと巻けるとか、そんなプロの技も教えてもらいました。

イチゴのロールケーキ 003.jpg

しっとりして、とても巻きやすい生地に焼き上がるので、プロっぽい感じに仕上がります。

今回は、先ず、イチゴジャムをラム酒で伸ばしたものを生地に塗り、生クリームとイチゴを巻き上げました。巻く内容は色々アレンジがききます。イチゴジャムを巻いただけでも、素朴で昔懐かしい味がして美味しかったですよ。

小麦粉とコーンスターチを使うのがミソのよう。

■ ロールケーキの生地のレシピ ■
<材料>
卵白 ・・・・・・・3個分
上白糖・・・・ ・・80g
卵黄・・・・・ ・・3個分
薄力粉・・・・・・・25g
コーンスターチ・・・20g
ベーキングパウダー・小さじ2分の1
無塩バター・・・・・25g

<作り方>
@ボウルに卵白と砂糖を入れ、ハンドミキサーで泡立ててメレンゲを作る。A角が立つ位になったら卵黄を溶き加え、ゴムべらでざっくりと合わせ、ふるっておいたコーンスターチと薄力粉とベーキングパウダー、溶かしバターを加え、ゴムべらで混ぜる。 Bオーブンシートを敷いた天板に流し入れ、カードで厚さを均一にする。C180℃のオーブンで約6分焼き、天板を前後逆にしてさらに6分、計12分焼く。焼きあがったら天板からはずし、ケーキクーラーの上で粗熱を取る。

食べきれなかったら冷凍も出来ます。うちは夫の身体のこともあり、一度に食べさせるとまずいので、冷凍して小出しにしています(笑)半解凍状態のモノもとても美味しいですよ♪

最近は、ロールケーキブームのようで、色々なお店でロールケーキを見かけますね。関西では堂島ロール、小山ロールが有名なようですが、美味しいけど、並んで買うほどかしら…?というのが私の感想。それに、どれもこれも1ロールが1000円以上もして、手作りの原価を知ってるととても買えません。(結局のところ値段?!)家で作ると上質の生クリームとイチゴを使っても500円くらいで出来ますからね〜。ビバ!手作り!
posted by mie at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

東梅田「Henry」でランチ

元同僚で結婚してイギリスに住んでいるジュンコさんが久々に里帰り。本当に久し振りの再会を果たしました。ランチをしましょう〜ということで、昔ふたりでよく行った東梅田のカジュアルイタリアンレストラン「Henry」へ。飲食店がめまぐるしく変わる梅田のこと、「Henry」がまだあるのかなあと不安でしたが、ありました!リーズナブルなお値段も美味しさも昔のままでした。

パスタランチは800円。メインランチは900円だったと思います。梅田でこのお値段はお手頃かと。

Henry サラダ 007.jpg
フレッシュサラダ

Henry なすのトマトソースパスタ.jpg
私はパスタランチをチョイス。なすのトマトソース。私好みのソースです。パスタもシコシコのアルデンテ黒ハート

Hnery チキンのグリル.jpg
ジュンコさんはメインランチ。チキンのグリルは、皮がパリッと焼けて美味しそう。塩加減も抜群だったとのこと。

デザートに小さなパンナコッタが付いていましたが、おしゃべりに夢中で撮影を失念。

いつも元気一杯のジュンコさんのキャラには、今も昔も本当に元気を与えられます。二人の息子さん達はもうティーンエイジャー。ご主人のトーマスさんは相変わらずお優しそう黒ハート

ジュンコさんは、イギリス大好き女性で、「絶対イギリス人と結婚してイギリスに住む!」と宣言していた人。その希望をかなえてしまうっていうのもすごいなぁ〜と感心したものです。

話題は最近の経済危機期に。イギリスの景気も相当悪いらしく、失業率がどんどん上がっているとのこと。ただ日本と違うのは、なんと言っても福祉大国なので、セーフティネットがあること。羨ましい。そして、最近のポンド安にも触れ、「私が初めてイギリスに行ったときは、1ポンド400円だったわ。今じゃ130円でしょう〜。」と時の流れを実感。

ジュンコさんと別れた後、映画「チェンジリング」を観に行きました。私が想像していたいわゆるすり替えモノのミステリーとは全く違う内容でした。

舞台は大恐慌時代のロサンゼルス。息子を誘拐されたシングルマザー(アンジェリーナ・ジョリー)が腐敗した警察と戦うという社会派の映画でした。その影には残忍な連続殺人事件が隠されています。前半では権力の恐ろしさが、後半では子供の奪還をかけて戦う母親の信念の強さがどーんと伝わってきます。監督はクリント・イーストウッド。やはり名監督と言われるだけの作品です。
posted by mie at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

パクチー入り肉豆腐で晩ご飯

肉豆腐は大好きなおかずのひとつ。加える青物として、青梗菜、小松菜、水菜、ねぎなどがありますが、今日はパクチーを入れてみました。私はパクチー大好きなので美味しくいただきましたが、一般的にはビミョウかも…^_^;日本的な青物の方が無難だと思います。

■ 肉豆腐のレシピ ■(2〜3人分)
@だし汁カップ2、砂糖大さじ1、酒大さじ2、みりん大さじ1、醤油大さじ2を鍋に入れ火にかける。煮立ったら、豚肉バラ、千切りの生姜少々、玉ねぎ、シメジ、ちぎった豆腐を入れ、火が通ったらパクチー(その他の青物)を加え火を止める。ゆず七味を振っていただく。最後に卵を落としても美味しい。

肉豆腐とお惣菜.jpg

肉豆腐はそれだけでも、栄養のバランスが取れたおかずですが、今日は塩茹でしたブロッコリーにゴマだれをかけた物、ニンジンのナムル、ひじきの煮物と一緒にいただきました。

ニンジンのナムルは、スライサーで千切りしたニンジンを市販のすし酢、ごま油、ゴマで合えただけですが、とても美味しいナムルになります。ごま油を入れなければ、なますとなり、ごま油の変わりにオリーブオイルを入れるとニンジンのマリネに!すし酢はえらい!
posted by mie at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

北浜「包丁一本」でランチ

仕事でお付き合いのあるT女史が大阪に出て来られたので、ランチをご一緒しました。和食をとの希望だったので、北浜にある「包丁一本」へ。

包丁一本 二段弁当.jpg

こちらのニ段弁当は、本当にイチオシです。丁寧に調理されたお肉、お魚、お野菜、フルーツがお重にぎっしりと可愛く入っています。お弁当と云うよりミニ会席という感じ。割烹の板前さんがきちんと作っておられるので、これで1,050円はお得感があります。赤だしとご飯が付いています。ほうじ茶も丁寧に入れてあり美味しい。

T女史はお互い韓流ファンということもあり、プライベートでもお付き合いさせていただいている方。最近では私もT女史も韓流熱はかなり冷めましたが、T女史のお母様は相変わらずのヨン様ファン。お父様(ご主人)が亡くなられた喪失感と持病の腰痛の悪化で、家に閉じこもりがちのお母様を救ったのがヨン様なんだそう。ヨン様の映画やファンの集い、そして韓国旅行にも出掛け、すっかり元気になったそうです。腰痛もどこかへいってしまったらしい。恋の力は偉大です。私はアンチ・ヨン様ですが、多くの年配の日本人女性を元気にさせてくれた功績は偉大だな〜と認めざるを得ない。恐るべしヨン様。
タグ:割烹 韓国 会席
posted by mie at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

ジンギスカン丼で晩ご飯

空腹でスーパーへ行くものではありません。昨日会社帰りに卵だけを買うためにスーパーへ立ち寄ったら、ラム肉が半額になっており、頭の中はすっかりジンギスカン気分♪で、つい買っちゃいました〜(^^ゞ

ジンギスカン丼.jpg

ラムちゃんを玉ねぎとニンジンと一緒に焼肉のタレで炒め、アツアツのご飯の上にのっけてジンギスカン丼にしてしまいました(^^ゞ
ダイコンと菜の花のお味噌汁と一緒に。

夜に丼ぶりモノは無謀だと思いつつ、でも美味しいんですよね〜コレが!甘辛のタレは危険です。ごはんがついつい進んじゃいます。

夫が不在だと、食事がかなりやりたい放題となってます(汗)
posted by mie at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

出入橋のきんつばでお茶

週末、梅田へ用があり出かけた際に、超甘党の同僚S氏に「めちゃウマのきんつばがあるんですよ。」と教えてもらった"出入橋のきんつば"のことを思い出し、お店をさがして堂島界隈を散策しました。堂島ロールの長蛇の列を横目に、20分ほどうろうろしていると、ありました!堂島と云うより西梅田と福島の中間あたりでしょうか。お店は西梅田の高層ビル街を見上げるようにひっそりとたたずんでいます。

出入橋のきんつば屋.jpg

きんつばには余計なものを一切入れていない為、痛みやすいので本日中にお召し上がり下さいとのこと。「残ったら冷凍もできますよ。」とのおばちゃんの言葉に乗せられ10個購入。1個105円です。

きんつばと焙じ茶.jpg

早速いただいてみると、小豆の味がしっかりと感じられ、むっちりとした食感。甘さ控えめなので飽きがこず、小ぶりと云うこともあり、2、3個は一気に食べられてしまう美味しさです黒ハートほうじ茶と共に頂きました。

ほうじ茶は、アルミホイルを敷いたフライパンで緑茶を焙じて作っています。香りがとてもいいし、頂き物の少し古くなった緑茶も美味しく復活させることが出来ますよ。

スポードの閉店セールで買ったシュガーボールをカップ代わりに。お茶がたっぷりと頂けます。
posted by mie at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする