2008年03月03日

法善寺「アルション」でお茶

土曜日は、故レオ(柴犬)が奉られているお寺へお参りをし、その後、なんばパークスで買い物があったので、お寺のある京橋からなんば方面へウォーキング。花粉はまだ本格的に飛び始めていないので、夫もお出掛けはまだ大丈夫そうです。

日本橋界隈で軽くランチをして、久しぶりに法善寺の「アルション」でケーキとお茶を楽しみました。「アルション」は私の大好きなtearoom のひとつ。紅茶の種類が多いこと、ケーキのレベルがかなり高いこと、それに全面禁煙というのがお気に入りの理由です。繁華街にあるわりには、穴場的な店なので(初めての人はちょっと見つけにくいかも)、知らない人も多いようです。ランチやアフタヌーンティ、それにディナーもとてもリーズナブルなお値段で楽しむことが出来ます。店内は土曜日もケーキとお茶を楽しむ女性で満席。男性は夫ひとりで、ちょっと浮いていました(笑)

 アルション ケーキ 010.jpg
美味しそうなケーキのラインナップ。

アルション モンブラン 012.jpg
夫はモンブランとアールグレイのアイスティをチョイス。

アルション イチゴのタルト 011.jpg
夫がモンブランを注文したので、私は迷った末、イチゴのタルトとこれまたイチゴのフレイバーティ「フレイズ」をチョイス。

う〜ん、イチゴのタルト超美味です黒ハートアルションのケーキは甘さが絶妙で、飽きがこない美味しさなんですよね〜。モンブランも相変わらず素晴らしい。アルションのモンブランは私の中では一番です。

イチゴのフレイバーティもイチゴのフレイバーが強すぎずいい感じ。アルションのフレイバーティと言えば「アルションブルー」が代表的ですが、その他もフレイバーティもなかなかイケます。
posted by mie at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おそとでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

簡単タンドリーチキン

一昨年に家をオール電化にしました。その際に設置したIHヒーターに付いているグリルくんがとても優秀で、魚は勿論ですが、チキンをものすごく上手に焼いてくれるのです。脂はお湯を入れた受け皿に落としてくれるのでヘルシーだし、皮の部分もパリパリに仕上げてくれます。その優秀なグリルくんで、今日はタンドリーチキンを焼いてみました。

とりもも肉(2枚)は一口大より少し大きく切り、塩コショウをし、漬けだれに30分くらい漬けておきます。

<漬けだれ>
ヨーグルト 大さじ2
カレー粉 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
チリパウダー 小さじ1
はちみつ 小さじ1
塩コショウ 少々
しょうが、にんにくのすり下ろしたもの少々
あれば、ガラムマサラ、カルダモンなどの香辛料少々

タンドリーチキン 001.jpg
あとは、グリルで焼くだけ。美味しいタンドリーチキンの出来上がり。

ねぎとじゃこ入り玉子焼きも添えて。リーフは水菜とクレソンのミックス。オレンジ色のドレッシングは、キューピーの株主優待で送られてきた「キューピーフレンチドレッシング(赤)」です。えらい鮮やかな色やわ〜^_^;

キューピー株主優待商品.jpg

キューピーから届いた株主優待の商品。コレが目的で株を買ったようなものです。10万円ほどの株しか保有していない株主のワタクシに、毎年こんなキューピー商品を送ってくれ、配当まで頂いて申し訳ないくらい。株主優待目的のプチ投資、4社ほどしています。食べ物もらえるところばかり(笑)
posted by mie at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

鶏肉と野菜のフォーとミックスビーンズサラダ

先日、デパートの野菜売り場でパクチーが安く売っていたので購入。水菜やルッコラに加えミックスリーフサラダにして大量にいただいていたら、残りあとわずかに。これはベトナム系の料理を作らねばと思い、今日のお昼はフォーを作りました。

■鶏肉と野菜のフォーのレシピ(二人分)■
@水カップ3に中華スープの素、酒、ナンプラー、オイスターソース、塩コショウ、にんにく一片(つぶしたもの)を入れスープを作る。
A小さめに切った鶏もも肉、スライスしたダイコン、ニンジン、玉ねぎとキノコ類を加え、火が通ったら湯がいておいたフォーを入れ出来上がり。最後にパクチーをのせ、お好みでラー油をたらしていただく。

■ミックスビーンズのサラダのレシピ■
@りんご酢、蜂蜜、オリーブオイル、塩コショウでドレッシングを作る。Aきゅうり1本はスライス、塩を振り、しんなりしたら、水気を絞る。Bトマトは食べやすい大きさにカットしておく。C缶詰のミックスビーンズ、玉ねぎスライス、きゅうり、トマトを@のドレッシングであえて出来上がり。

野菜と鶏肉のフォー 001.jpg
やはりパクチーが入るとよりベトナム料理っぽいです。パクチー大好き!

名古屋国際女子マラソンを観ながらいただきました。高橋尚子選手、復活なるかと期待していましたが残念。でもチャレンジした頑張りには拍手です(パチパチ)そして、また若い新しい力がすくすくと育っているのは素晴らしい。それにしても、最近の女子運動選手たちの活躍は目覚しいものがあります。私は超フェミニストなので、女性が活躍するとものすごくわくわくします♪

政治の世界や企業には、依然グラスシーリング(透明の天井)があり、女性の出世を阻んでいます。うちの会社でも、明らかに実力があるのにある程度のポジションにまでしか出世できない女性たちがいます。無能でもオトコというだけで出世する男性も。まだまだ日本はオトコ社会だなぁと実感させられる中、女子、男子とはっきりと分かれているスポーツ界はある意味フェアなのかも…。もちろん体力的な差は明らかなので当然なのでしょうが。

昨日、同僚のレイコさんの新築マンションへお招きいただき、素敵なおもてなしを受けました。またまた、食い気とおしゃべりに走って、お料理の写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。

ピカピカの床を目の当たりにし、うちの床も磨かねば〜と久し振りにワックスをかけました。ピカピカの床はやはり気持ちいいですね〜♪食への情熱がもう少しお掃除にも注げるといいのですが…。
posted by mie at 16:21| Comment(5) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ニンジンのポタージュ

ついにバーミックスをゲ〜ット!夫から野菜のポタージュのリクエストが多いので、「バーミックスがあると簡単に作れるのに〜。」と交渉を重ね、ついに購入です!予想以上に優秀で、なめらかなポタージュがあっと云う間に出来上がります。人気の料理研究家の皆さんが推薦されるだけのことありです。

で、バーミックスくんの初仕事は、人参のポタージュです。

■人参のポタージュのレシピ(3〜4人分)■
@人参1本とじゃがいも1個、玉ねぎ半個、にんにく1片を薄めにスライスする。
A深めの鍋で@の野菜をバターとオリーブオイルで炒め、ひたひたになるくらいの水、コンソメを入れ、野菜が柔らかくなるまで煮る。
Bバーミックスを鍋に入れ、ブィ〜ン、ブィ〜ンと2〜3分攪拌すればピューレ状に。(冷ましてからミキサーやミルサーでも可)塩コショウで味を整え、牛乳を少し加え加熱し、沸騰寸前で火を止め出来上がり。

ニンジンとじゃがいものポタージュ 003.jpg

う〜ん、ニンジンの甘みが出ておいしい!色もきれいなのでビジュアル的にもgood!

期待以上になめらかな仕上がり。何より、冷まさなくてもすぐにピューレ状に出来るのが、時間の節約が出来て有りがたいです。

バーミックスくんにはこれから色々活躍してもらえそう〜♪

最近、取り付かれたように(笑)歩いています。通常の生活で1万2千歩くらいは歩いているのですが、出来れば1万5千歩は歩きたいと、時間に余裕があるときは地下鉄を一駅か二駅分歩いたりしています。目的はダイエットと足腰を鍛えて骨粗そう症予防。あと意外な効果は、たくさん歩いた日は身体が疲れるのかよく眠れること(普段もよく眠れるのですが、さらにデス。)それに、風邪を引かなくなったのも嬉しい効果のひとつ。身体が丈夫になったのでしょうか。
posted by mie at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

天満橋 kitchen DINE 再訪

体調不良の為、しばしのご無沙汰でした〜。先週の木曜日のディナーを今頃UPで〜す。

友人のミホさんと久々のディナーを楽しみました。お店はめちゃくちゃリピート率が高い「kitchen DINE」です。

3,900円のコースをチョイスし、好き嫌いのない私たちは、すべてシェフにお任せを。

dine 010.jpg
先ず、絶品の旬の野菜のピクルスの盛り合わせ。ごぼうもピクルスにするとこんなに美味しいんだ〜と驚き。こちらのシェフは酢使いが天才的にうまい!これほど美味しいピクルスを今まで食べたことがありません!

こっそりシェフが教えてくれた秘伝のピクルス液ですが、なんせ体調不良だったもので、まだ作れてません。ごめんね、シェフ。来週末こそは挑戦しますっ!

dine 011.jpg
こちらのテリーヌっぽい前菜も素晴らしかったのですが、なんせ1週間以上も前で名前が出てこない。スミマセン。

dine 012.jpg
メインの魚料理は、二種類(鯛と鯖)の魚のポアレ。背の青い魚は臭みがあって苦手だというミホさんも絶賛!ソースが素晴らしい!

dine 013.jpg
お肉料理は、若鶏のコンフィ。コンフィ大好きの私にはたまらない一品。コンフィだけでも素晴らしいのに、バルサミコソースの甘さと酸味が絶妙に若鶏とお野菜にからまって・・・(あ〜悶絶)

dine 014.jpg
デザートの紫いものチーズケーキ。素材の味が活きていて美味しい〜♪色もピンクで可愛いです。

今年に入って値上げをやむなくされた台所事情も色々とうかがいました。このご時世、よい具材を仕入れるためには仕方ないことなのかと納得。でも、値上げの分以上にシェフの腕も上がったよう。益々進化していますね!




posted by mie at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

南船場 チャイ専門店「我楽茶堂」

先週の土曜日は、午前中のみお仕事。同じく午前中出勤した夫と待ち合わせをして、北浜でランチをしようということになり、堺筋本町の「珍三カルビ」で鶏のスープ定食をいただきました。

「珍三カルビ」の鶏のスープは、体調不良の時に本当に効果があるメニュー。風邪気味だったり、体がすっきりしないときにはいつもお世話になっています。鶏のエキスが身体中に染みわたり、食欲不振も吹っ飛んでしまいます。今回も食欲がなかったはずなのに、いつの間にか定食を完食!お店を出るときには、体がシャキ〜ンとしていました。ちょっとアブナイ話ですが、本当なんですよ〜(汗)

食後の運動に、北浜からJR難波まで歩こうと、ぽかぽか陽気の中、本町から南船場方面へぶらぶら歩き始めました。南船場は最近おしゃれなショップやレストランが出来ているとのことで、気になっていたエリア。なるほど、おしゃれなカフェやヘルシー嗜好のレストランなど私好みのお店がわんさか♪

休憩にお茶しようということになり、見つけたお店がチャイ専門店「我楽茶堂(がらくちゃどう)」です。

dine 025.jpg

チャイの種類もスパイシーなものからマイルドものまで6〜7種類。ラッシーも数種類そろえてありました。

チャイとゴマと新ごぼうのケーキ 024.jpg

夫は、お店お奨めのアニスチャイ(マイルドなチャイです。)
私はマサラチャイ(スパイシーなチャイ)とゴマと新ごぼうのケーキをいただきました。最近、お野菜をスィーツに使用するのが流行のよう。カラメルがからまったトッピングのごぼうは、かりとうのような美味しさ。チャイも専門店だけあってレベルが高いです。

ランチもエスニックなメニューがそろっていて、今度はランチに来てみたい!

店内は天井が高く、ゆったり出来る空間。ひとりランチを楽しんでいる女性が多く見られ、ショッピング後の休憩に、まったりとお茶を楽しめるお店です。
ラベル:チャイ
posted by mie at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

焼きサバの野菜あんかけ

春先は体調を崩しやすいのか、回りでは体調不良の人が続出。先週末の私の食あたりもそうですが、夫の原因不明の高熱(一日で平熱にもどりましたが)、同僚の風邪か花粉症か分からない症状などなど。

昼間は暖かいですが、朝夕はまだまだ風が冷たいですものね。この時期は体調管理が大変です。

今日の晩ご飯は、焼きサバにひと工夫して、野菜あんをかけていただきました。

■焼きサバの野菜あんかけのレシピ(二人分)■

@カップ1のだし汁に薄口しょうゆ、みりん、酒を加え、煮立てる。A@に菜の花、えのき、シメジを加え、火が通ったら片栗粉でとろみをつける。Bサバの片身を二等分し、軽く塩を振り、あんがからみ易いように小麦粉をはたいて、大目の油で焼く。焼きあがったら、皿に盛り、野菜あんをかけて出来上がり。

さばの野菜あんかけ 005.jpg
優しい野菜あんがからまった焼きサバの美味しいこと。菜の花を加えると春の風味がします♪

いかなごのくぎ煮 001.jpg
神戸の叔母から春の味、いかなごのくぎ煮が届きました!

夫も大好きなので、うちではあっと云う間になくなってしまいます。これがあると恐ろしいくらいご飯が進んじゃいます^_^;
posted by mie at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

焼きサバのイタリアンソースとアンチョビポテトサラダ

またまた、さばレシピです。昨日はイタリア風で。

焼きサバのトマトソース添え.jpg
添えてあるのは、アンチョビポテトサラダ。アンチョビの塩加減が抜群の美味しさです。マヨネーズにヨーグルトを加えることでカロリーダウンを図ります。

■焼きサバのイタリアンソースのレシピ(二人分)■
@サバ片身を二等分し、塩コショウし、小麦粉をはたいて、オリーブオイルで焼いておく。A汚れを拭いたフライパンに、オリーブオイルを入れ、にんにくを炒める。BAにさいの目切りしたトマト(1個分)、白ワインを加え、コンソメ少々、塩コショウ、砂糖少々で味付けし、煮詰める。オレガノとバジルで風味づけし、ソースの出来上がり。焼きサバにかけていただく。

■アンチョビポテトサラダのレシピ(2〜3人分)■
@じゃがいも2〜3個をさいの目切りにし、塩茹でしておく。Aボールにマヨネーズとヨーグルトを半分づつの分量を入れ、こしょう、アンチョビ2枚も加えよく混ぜておく。@をAで合えて出来上がり。

背の青い魚を嫌がる人が多いですが、私は大好き!特にサバは、煮ても、焼いても、揚げても、中華風にしても、洋風にしても美味しくいただけるのでよく利用します。お値段も経済的だし、栄養価も高いので、頻繁に食べたい魚ですね!

週末、2夜連続で「タイタニック」のTV放送があり、またまた観てしまいました。またまた、というのは、「タイタニック」が公開された10年前、この映画にハマリまくって、映画館へ通いつめ、トータルで12回鑑賞した経験が…。何度観ても、同じシーンで号泣。泣きすぎてくたくたになって映画館を出るというのの繰り返しでした。

さすがに10年以上も経っているので、落ち着いて観られると思いきや、号泣までとはいきませんでしたが、あの音楽を聴くと、胸がキューンとなり、なんとも切ない気持ちになってしまいます。「タイタニック」は後にも先にも私のベストムービーですね〜。

それにしても、この映画のディカプリオは神々しいくらい美しい〜黒ハート
posted by mie at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。