2008年02月03日

きのこのフォー for lunch

体質が変わったのか、それとも今年が異常に寒いのか、最近寒さが堪えるのです。寒いの大好きのこのワタクシが!こんなこと近年になかったことで…困惑。年のせいなのか〜ふらふら長袖ババシャツも最近連日着用、数年の間眠っていたアンゴラのセーターも蔵出ししてきました〜。

ということもあり、食事も温かいものをとスープものづいております。今日のお昼ごはんは、きのこのフォーに挑戦。作り方がわからなかったので、な〜んちゃってフォーです。

■きのこのフォーの(アバウトな)レシピ■

中華スープの素、酒、ナンプラー、オイスターソース、塩コショウを入れて、フォーのスープを作る。冷蔵庫にある残り物の野菜(本日はダイコンの薄切り、シメジ、えのき、にんにくのぶつ切り)を投入し、火を通し、湯がいておいたフォーを入れる。最後にパクチーをといきたいところですが、無いので替わりにミックスリーフを。

きのこのフォー 002.jpg

きのこのだしがよく出て、イメージ通りの味に出来上がり〜手(チョキ)夫からも「こんな感じ、こんな感じ♪」とお墨付きをいただきました。ラー油をたっぷり加えていただきま〜す。こしょうとラー油、二種類のピリ辛の刺激で、身体もぽかぽか。本日は、以前に買っておいたフォーがあったので使用しましたが、そうめんでも充分代用できそう。
posted by mie at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

ミックスリーフとちくわのかき揚げ

久しぶりに天ぷらを作りました。サツマイモの天ぷらが無性に食べたくなったので、ついに揚げ物解禁で〜す。

天ぷらにしたのは野菜のみ。サツマイモの他には、蓮根、それからミックスリーフとちくわのかき揚。野菜は玉ねぎとミックスリーフ(水菜、ルッコラ、クレソン、三つ葉)を使用。サラダに使うリーフはかき揚げに最適。パクチーなんかも、パンチが利いて美味しいかもしれません。

ミックスリーフとちくわのかき揚げ 006.jpg

久しぶりのてんぷらだったので、美味しくて二人で結構な量を食べてしまいました。揚げ油は高級紅花油にゴマ油少しを足して香りを出しを。材料には気を使ったのですが、何せ揚げ物なので、血糖値の上がり具合が気になるところ。

結果はというと、ぜ〜んぜん問題ない値で安心手(チョキ)カロリーが高いと思われがちな食事でも、素材に気をつければ大丈夫なのだという証明です。

ちなみに、恐ろしく血糖値が上ったのは、市販のルーを使ったカレーライス。今までで最高値を記録!市販のルーは油脂が多く、カロリーも非常に高いとは聞いていましたが、コレほどまでとは〜。恐ろしくて2度と作ることができません。あとは、市販の餃子の皮を使った餃子。手作りの皮なら大丈夫なので、市販の餃子の皮っていったい何が入っているだ〜と怖くなります。

冷凍中国餃子から毒物が検出された事件。うちは冷凍食品などの加工品をほとんど購入しないので、特に影響はないですが、コープなど或る意味安心して買えるというイメージを与えている企業でも、中国モノが当たり前のように販売されているという事実---これが怖い気がします。日本人は大手企業が販売しているものイコール安心という概念が強いので、それが根底から覆された感じ。販売している会社名や華美なパッケージ、よさそうな謳い文句に惑わされることなく、個人個人が自分の目で確かめ、選ぶことが大切。食品は直で身体に影響を与えるので、もっと考えて食べるようにしたいですね。
posted by mie at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

イカと野菜のトマトシチュー

ワタクシ、今日ひざ掛けというものを生まれて初めて使用しました。職場で足元が寒くて…。「え〜、mieさんがひざ掛けですか〜?」と後輩に驚かれ、「足元スースーするから〜。」と苦笑いの私。やはり年かなぁふらふら

晩ごはんは、またまた煮込みものです。たらのシチューを予定していましたが、スーパーに残っておらず、いかで代用。しかたなく代用でしたが、いかの風味が野菜に移り、とても美味に仕上がりました。

■いかと野菜のトマトシチューのレシピ■

@いかはわたをとり、1cmの輪切りにする。A鍋にオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れ、@をさっと炒めて、鍋から取り出しておく。B@を取り出した鍋にオリーブオイルを足し、にんにくのみじん切り、タカのツメ、玉ねぎのみじん切りを入れ炒める。CBにトマト缶、水カップ1、コンソメ、ワイン少々、ローリエ1枚を入れ、ジャガイモ、にんじんを加えて煮る。しょうゆ大さじ1、塩コショウ、蜂蜜小さじ1、オレガノを加え、味を整える。シメジ、いか、ゆがいたブロッコリーを加えてさっと火を通す。

イカと野菜のトマトシチュー 005.jpg

サワークリームを添えていただくと、味がまろやかになり、さらに美味です。パスタソース風にいただいてもよいかなと、マカロニを添えました。う〜ん、美味しい〜黒ハートこの時期、シチューは最高のごちそうです手(チョキ)

夫婦して初めて日本のドラマにハマりました。「のだめカンタービレ」、すごいドラマです。以前の記事でも少しふれましたが、夫が年末の集中放送を観てハマり、夫の解説を受けた後、年始のスペシャルを鑑賞。いきなり、大笑いし、大泣きし、完全につぼにはまってしまった私。即決で、DVDまで買い、しかも繰り返し観て、TVで観るものがなければコレを観るというのがうちの日常に。

アメリカや韓国ドラマではハマったものはありましたが、日本のドラマは価値観が古いものが多く、今まで自分の世界観、価値観にぴたっとはまるものがありませんでした。

のだめで表現しているのは、本当に新しい価値観。のだめを観ると’ボーダレス’という言葉が浮かびます。国という意味でのボーダレスに限らず、性別、年齢、生まれ育った環境など、すべてにおいてのボーダレスです。

女性が男性の部屋に入り浸って、男性に食事を食べさせてもらう、きれい好きな男性が不精な女性の部屋を片付けてあげたり、女性の髪の毛を洗って乾かしてあげたり、ホテルでの行為の後、寝ている男性を横目に、女性がタバコをふかして考え事にふけるなど、男女逆転の光景が楽しい。そして、主人公の男性を想い続けるおねえキャラの存在も、笑えるのですが、その一途さがいとおしくて、泣けます。女らしい、男らしいと言う前に、人間らしくありたいという私の価値観にぴたりとハマり心地よく、また、才能同士がぶつかり合い、刺激し合い進化していく過程が、観ていてとても気持ちいいドラマです。

5月にリリースのDVD「のだめスペシャル」も買っちゃうかも〜♪
タグ:イカ トマト
posted by mie at 21:47| Comment(3) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

カステッリ・デル・ドゥーカ・ビアンコ2006

先日飲んだ日本産の白ワインがあまりにもひどかったので、口直しに美味しい白ワインを購入すべく、土曜日、雪の降る中、四天王寺のワインショップWassy’sへ出掛けました。

Wassy’sは、お手ごろなニューワールド系のワインが沢山そろっており、いつも迷ってしまいます。悩んだ末、イタリアの白ワインを購入。発泡性のスプマンテはいただいたことはあるものの、発砲性以外のイタリアの白は初めてです。

イタリア白ワインビアンコ.jpg

カステッリ・デル・ドゥーカ・ビアンコ2006(イタリア)
価格:1360円
購入店:Wine shop Wassy’s
合わせた料理:しょうゆ味のちゃんこ鍋

マスカットの風味が爽やかに口に広がり、後味もすっきりで、私好みの白です。イタリアワイン、値段もお手頃だしなかなか良いなぁ。天ぷらやお寿司、鍋物などの和食に合いそう。

前述の日本産白ワインですが、デパートでも販売されており、名の通ったブランドのもの。一口飲んで即、「料理用にする?」と二人そろって言ったほどひどかった。以前、ワインアドバイザーの方が、「ヨーロッパ諸国はワインの品質の規制がとても厳しいので、安くてもある程度の品質は保証されています。それに比べ、日本はまだまだ甘いので、たまに別のアルコールで薄めてる?というようなものも…。」という話を聞いたことがあります。

でも、昨年、北海道富良野にある小さなワイナリーのレストランでいただいたワインは素晴らしかった。日本でも努力次第で美味しいものが作れる証明。せっかく作るなら、いいものを目指して欲しいなぁ。

posted by mie at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | おうちでワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

カリフラワーとじゃがいものポタージュ

週末、ピクルスを作ろうとカリフラワーを購入。大ぶりのものだったので、半分はピクルスにし、あと半分でカリフラワーのポタージュを作りました。冷蔵庫に男爵と北あかりが1個づつ残っているのを発見。じゃがいもを加えることで、よりトロ〜リとしたポタージュをめざします。

■カリフラワーとじゃがいものポタージュのレシピ■

@玉ねぎ、カリフラワー、じゃがいも、にんにく、を火の通りやすい大きさに切り、バターで炒め、水をひたひたになるまで注ぎ、コンソメ、塩、こしょうを加え、20分ほど煮込む。A@を冷ましてから、ミキサーでビューレ状にする。BAを鍋にもどして、加熱し、牛乳、塩コショウを加え、味を整え出来上がり。

カリフラワーとじゃがいものポタージュ 003.jpg

器に注ぎ、ドライバジルをふり、生クリームをたらしていただきます。割ったクラッカーを加えていただくと、スープがからんでさらに美味手(チョキ)

ポタージュ、久しぶりに作りましたが、滑らかで野菜の風味が活きていて、いくらでもいただけちゃう美味しさです黒ハートあれだけの量の野菜が凝縮されているんだから、絶対サプリなんかを飲むより美味しくて健康的です!身体も温まるし〜♪

バーミックス(ハンドフードプロセッサー)があれば、冷まさなくても鍋の中にいきなりブイ〜ンと入れちゃえば、あっという間にピューレが出来るので、便利だろうな〜。実はうちにはミキサーもなく、小型のミルサーで三回に分けてピューレを作りました(汗)バーミックスが欲しい〜!
posted by mie at 22:13| Comment(3) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

堺筋本町 中国料理「香園」でランチ

友人のヨーコさんから、「面接で本町まで来てるので、ランチどう?」とのメールが。堺筋本町の紀伊国屋で待ち合わせし、近くの中華料理店「香園」へ。

ここは以前から気になっていたお店で、今回が初訪問。高そうなイメージがあったのですが、ランチが800円からと意外にリーズナブル。

店内は白を基調にしていて、落ち着いた雰囲気。お値段の割りには高級感もあり、ゆっくりとランチを楽しめそう。(って昼休みは1時間しかないけど。)

サービスランチは800円で、メインを数種類から選べます。私は無性に酢豚が食べたくて(久しく食べていない)注文。ヨーコさんも「私も酢豚〜。」と注文がかぶってしまいました〜。

香園 酢豚ランチ 001.jpg

前菜が丸いお皿に少しづつ5種類も出て来るところがお得感&高級感あり。八角の風味が利いた味付けゆで卵、もやしの甘酢、青梗菜の炒め物、黒酢で頂く餃子、ザーサイと、いろいろあってなんか楽しい〜♪

香園 酢豚ランチ 002.jpg

カラッと揚った豚に黒酢風味の甘酢餡がとろ〜りとからまった酢豚は超美味!私的には、もう少し野菜が多いと嬉しかったのですが…。でも久しぶりの酢豚に大興奮し、結構ボリュームがあったけどペロリと平らげちゃいました。高級中華料理店で頂く酢豚という感じで、レベルはかなり高いです!

あと、ごはんと卵スープが付きます。卵スープは普通な感じ。

メインが数種類選べるし、それに前菜も定期的に変わるなら、このお店はランチのルーティーンに入れる価値ありです!

ヨーコさんが今日面接を受けたのは、会計事務所。事務所の雰囲気もよかったし、条件も悪くないとのこと。採用になるといいね!彼女のように経理が出来る人って、年齢が高くなっても結構採用があるからうらやましいです。
posted by mie at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

和風ミネストローネ

またまたスープものです。
何が和風かと言うと、ブイヨンの替わりにあごだしを使用。いつもの具に加え大根やレンコンなど和風な野菜も投入しました。イモ類が入っていないので、マカロニを少し加えてボリューム感を。

■和風ミネストローネのレシピ■

@あごだし(普通の和風だしでOK)に、にんじん、玉ねぎ、キャベツ、大根、レンコン、にんにくスライスを入れ、ある程度火が通ったら、トマトジュース1缶とマカロニを加えてさらに煮込む。A@にケチャップ少々、ハーブソルト、こしょうで味を整え、最後にオリーブオイル少々を回し入れ、出来上がり。

ベーコンなどを入れなくても、野菜のうまみで十分美味しく出来上がります。最後のハーブソルトとオリーブオイルでイタリアンな感じに。でも和風だしなのでさっぱりといただけます。

和風ミネストローネ 001.jpg

野菜たっぷりなところへさらにトマトジュースも投入するので、野菜のエキスを飲んでいる感じ。身体に効く〜っと、健康オタクの私は恍惚状態(笑)ガーリックバケットを添えて、ライトな夕食に。

最近は、晩ごはんは少なめにを心がけてます。夜は運動量が少ないので、食べる量は少量が理想なのだそう。でも、寝る頃になるとお腹が空くから、少量も程度ものなんですけどね〜。
posted by mie at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

週末ウォーキング 冬の京都@

週末、夢の一日3万歩の記録を達成しようと、京阪出町柳駅をスタートし京都駅を目指してウォーキングを開始しました。ただ歩くだけではつらいので、観光も兼ねて名所や話題のお店訪問もしつつ(コレが本当の目的と云う話も)3万歩達成を目指します!

「京の冬の旅」と題して、1月12日〜3月18日の期間、京都の非公開文化財10ヶ所が特別公開されています。そのひとつである京都御所の北に位置する相国寺(しょうこくじ)を目指しました。

エズ・ブルー001.jpg京阪出町柳から西へ京都御所北の今出川通を歩いていると、可愛いパン屋を発見。「ブランジェリー・エズ・ブルー」。小さい店内には、すごい種類のパンがラインアップ。ひっきりなしにお客さんが訪れ、中には車で乗り付けて買いに来る方々もいるほど人気店のようです。パン数種とラスクを購入しました。


その後、烏丸通を少し北上し、目的の相国寺へ。京都 瑞春院 022.jpg今回の特別公開は相国寺内の瑞春院。水上勉氏が幼少時代を過ごし、氏の小説「雁の寺」のモデルとなったお寺です。小説の由来となった襖絵、院内の室町時代風庭園、茶室「久昌庵」の水音が美しく響く水琴窟など、ガイドの方が丁寧に説明をして下さいました。個人で社寺を訪れるとガイドさんの説明を聞く機会がないので、たまには良いな〜と。これも非公開文化財特別公開期間の恩恵です。

雪がちらつく中での鑑賞は風情があり、庭の風景はいつまでも見とれてしまうほど。日本の伝統美の素晴らしさを実感。せっかくの機会なので、同じく相国寺内で特別公開されていた開山堂の枯山水の庭園と重要文化財の法堂も見学しました。

お昼は、何度か訪れたことがある地下鉄今出川近くにある割烹へ。お値段の割りには、とても素晴らしいランチをいただけるお店だったので今回も期待大でしたが、板前さんが変わったのか、お店の方針が変わったのか、今回は失望。ランチとは云え、プロの仕事ではなかったです

俵屋吉富 026.jpgで、口直しにと、今出川通にある京菓子資料館併設の俵屋吉富でお抹茶とお菓子を頂きました。お抹茶と和菓子のセットが500円、和菓子は4種類から選べます。甘すぎず上品なお味。洋菓子も大好きですが、和菓子の繊細な味には勝てない気がします。久しぶりのお抹茶も美味しかった〜。

「京の冬の旅」スタンプラリーで三ヶ所廻れば、こちらのセットを無料でいただけたみたい。私たちは2ヶ所だけだったので、有料でした。

その後、京都御苑(御所)内をバードウォッチングを楽しみつつ、南下しました。今はオフシーズンと云うこともあり、観光客も少なく、広〜い御苑を満喫。人ごみが嫌いな私達には嬉しい限り。

そして、次の目的の場所、マカロン専門店「パティスリー・カナエ」を目指し、河原町三条方面へ。

To be continued
posted by mie at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

週末ウォーキング 冬の京都A

パティスリー・カナエは、和の素材を使用したマカロン専門店。場所は河原町通を三条から四条方面へ向かい、BALを超えてすぐの通りを左へ入った所にあります。

特別マカロンが好きという訳ではないのですが、“パリと京の融合”という謳い文句につられてやって来ました。“洋のものに和の素材”に弱いもので…(笑)

店内には数席ですが、喫茶席もあり、お店のお菓子をいただくことが出来ます。

2008年2月マカロン 036.jpgたまたまひとつテーブルが空いていたので、カプチーノとマカロンを頂きました。黒ゴマとフランボワーズをチョイス。

マカロン、うわさどおり絶品です黒ハート特に黒ゴマは、素材の味が利いており、マカロンってこんなに美味しかったのか〜と目からうろこ。カプチーノとの相性も抜群です!

興奮して、マカロン数種お買い上げ〜♪話題のお店だけあります。和モノは、黒ゴマの他にきな粉、抹茶、焼いもなどがあり、全20種が160円から。

マカロンを堪能した後は、四条通を西へ向かい、烏丸通を南下し、京都駅を目指します。京都タワーを目標に歩いて行くと右手に東本願寺が見え、そして京都駅にゴール!その時点では、まだ三万歩には足らずでしたが、自宅に戻るまでに達成できるだろうと大阪へ戻りました。

晩ご飯を何処かでいただこうと、色々迷った末、何度もリピートしている福島のA151−factory!へ。

ある雑誌に“悶絶の一品”と称して、お店の自慢の一品が紹介してありましたが、私にとっての“悶絶の一品”はA151−factory のトムヤムクン。意識が遠のいてしまうほど(笑)の美味しさです黒ハート今回初めていただいたパッタイ(タイ風焼きそば)も悶絶の二品目に入れたいくらい。

2008年2月トムヤムクン 040.jpg
悶絶の一品、トムヤムクン。

2008年2月パッタイ 041.jpg
悶絶の二品目、パッタイ。なぜ今までオーダーしなかったのかと後悔。

このお店のシェフは本当に最高ですっ!他のお店に浮気しないでよかった〜!

食後の運動にと、福島からJR難波まで歩き、3万2千歩を達成しました!

posted by mie at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

はっさくと春キャベツのコールスロー

ヨウコさんから柑橘類数種をおすそ分けいただきました。果物好きの私は、普通に食べるのがもったいない気がして、どうやって頂こうかと考えるのがまた楽しい♪

今日は、はっさくを春キャベツと合わせてコールスローにしました。キャベツと玉ねぎは、千切りにして塩水に30分ほどつけておきます。水気を絞り、はっさく1個とオリーブオイル、お酢少々、塩コショウで合えて出来上がり。冷蔵庫で少し冷やしておくと、味がなじんでより美味です。

はっさくとキャベツのコールスロー 007.jpg
柑橘類の果汁がほどよい甘みを加えるので、まろやかなコールスローに。

フルーツをサラダに使うといつも以上に食べられます。りんごなんかもお酢、オリーブオイル、マヨネーズととても相性がいいので、そのまま食べるより沢山頂けます。

ヨウコさんとは北浜にある中国茶のお店「陶然庭」で、中国茶ディナーをご一緒しました。こちらのお店はランチで何度か来店したことがあります。夜もランチと同じセットメニューが全く同じお値段でいただけるのでとてもお得。

中国茶も3種類から選べ、お店の方が中国茶を入れるパーフォーマンスを見せてくれます。ポットも置いてくれるので、何度もお茶を頂くことが出来ます。ヨウコさんチョイスのあんかけ焼きそばセットは1,312円。

陶然庭 海老ワンタン麺004.jpg
私の海老ワンタン麺セットは1,417円

全て、中国茶、点心、デザート付きです。

海老ワンタンはぷりぷり、スープはとても優しい味で身体に染み渡ります。今日のデザートは黒ゴマ団子のジンジャースープ。こちらもとても美味。「陶然庭」は、お茶だけでなくお料理も大変充実しています。

ヨウコさんとは頻繁にメールのやり取りをしているので、あまり久しぶりという感じがしませんが、4ヶ月ぶりぐらいでしょうか。最近彼女が受けたTOEICの受験話に花が咲きました。彼女は日々の生活の中で色々素敵なことを見つけて楽しんでおり、いつもいい影響を与えてくる友人のひとり。いつまでもかわいらしくて、おばあちゃんになってもこんな感じなのだろうなぁという気がします。
posted by mie at 22:30| Comment(1) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

ヂヂミと蜂蜜レモンのジントニック

チヂミって家でうまく作れますか〜?私はあまり上手に作れず、夫に「チヂミと云うよりおやき?」と云われて以来、封印していました(泣)なかなかお店で食べるようなパリパリに仕上がらないんですよね〜。

先日観たTVの料理番組での栗原心平さん(栗原はるみさんのご子息)のお話。あるお店で食べたチヂミが最高に美味しかったので、お店のシェフにレシピを聞いたのだそう。最初は「企業秘密なので…。」と教えてくれなかったものの、しつこく聞くと「実はチヂミの素を使っている。」と告白され、「美味しければそれもアリだな〜。」と思ったとのこと。

そうか、ヂヂミの素なら私にもうまく作れるかも〜と、オタフクのチヂミの素を購入。早速、作ってみました。また「おやき?」と云われたらしゃくなので、夫が飲み会でいない日を選んで決行〜。具はにら、玉ねぎ、キムチと冷蔵庫にあるものを使用。心平さんが「油をかなり入れないと、あのパリパリ感は出ない。焼いているというより、揚げてる感じ。」と話していたのを思い出し、いつもより大目の油(紅花油とごま油を半々)で焼いてみました。

で、出来上がりはこんな感じ。

チヂミとハニーレモンジントニック.jpg

まだ、油が少なかったのかな〜、お店のパリパリ感までは行きませんが、かなりいい感じに焼き上りました。チヂミ粉を使っているので、味はばっちりだし、キムチを入れているので味もしっかりついて、たれも入らないほど。今までで一番の出来上がりです。これでもう”おやき“とは云わせない!(笑)

おすそ分けいただいた国産レモンで作ったレモンのはちみつ漬けにジンと炭酸水を加え、蜂蜜レモンのジントニックと共に頂きました。チヂミとジントニック、合いますっ!ほろ酔い気分で幸せ〜♪
posted by mie at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

四天王寺前夕陽丘「ブカティーニ」でランチ

最近、四天王寺界隈によく出没しています。ワインショップWassy'sがあるし、コーヒー豆専門店「有本商店」もあるし(こちらののコーヒー豆はウマい!&安い!)

土曜日は四天王寺界隈で以前から気になっていたイタリアンレストラン「ブカティーニ」でランチをしました。地下鉄谷町線四天王寺前夕陽丘駅の出口を上がって目の前にあります。お店は2階にあり、こじんまりしたアットホーム雰囲気。

ランチは800円で、私はなすとチーズ入りチキンカツのトマトソース添えをチョイス。スープ、サラダ、パンかライスが付いてきます。

ブカティーニ </del>イタリアンランチ 001.jpg
先ず、サラダとスープ。サラダのドレッシングが柑橘類の甘みでとてもマイルド。私好みです。

ブカティーニ イタリアンランチ 003.jpg
チキンカツもボリュームたっぷりで、しかもパスタ添え!最初ライスを選んだのですが、パンに変更してもらいました〜。

ブカティーニ イタリアンランチ 002.jpg
夫はタコとからし菜のトマトソースのパスタをチョイス。味見させてもらいましたが、なかなかのお味黒ハート

「ブカティーニ」のランチ、ボリュームもあり、このお味で800円は大変コストパーフォーマンスが高い!1時を過ぎていましたが、満席のはず。あと、1500円のコースもありました。今度はディナーで来てみたいな〜♪
posted by mie at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

ナンと豆カレーで晩ごはん

うちのホームベーカリー(自動パン焼き器)は、毎日の食パン作りに大活躍。材料を入れるだけで、4時間後には美味しい食パンが焼き上がります。余計なものが入っていないので安心していただけるのと、レーズン、黒ゴマ、くるみなどを入れ、色々アレンジが楽しめるのも魅力。

食パン以外にも、パン生地やピザ生地など、捏ねる&一次発酵までやってくれる設定があり、パンを焼く時間がないときには、よくナンを作ります。ピザ生地の設定で45分、生地を出して10分休ませ、すぐフライパンで焼けるので、1時間ほどであつあつのナンが完成です。

ナン 006.jpg

昨晩はひとりご飯だったので、ナンを焼き、DHCの豆カレー(レトルトモノですが)をいただきました。やっぱり焼きたてのナンは美味しいわ〜♪豆カレーもレトルトにしてはなかなかイケました。

サラダは水菜とミックスリーフときゅうり。上にトッピングしているのは、ニンジンのナムル風。ニンジンをスライサーで千切りにし、市販のすし酢とゴマ油と白ゴマを混ぜただけ。ナムルっぽくていくらでもいただけます。

ナンが余ったので、今日の朝ごはんはナンに明太子(夫の福岡出張土産)をトッピングしていただきました。明太子とバター合いますっ!

ホームベーカリーのピザ生地モードはとても便利。ナンより若干手間はかかりますが、ピザは勿論、フォカッチャやピタパンも出来るんですよ〜。ホームベーカリーは、我が家で電子レンジに次いで活躍している台所家電かもしれません。
posted by mie at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする