2008年01月03日

年末の鶴橋 アリラン食堂

皆さま、明けましておめでとうございます。

食だけでなく健康もテーマにしているはずが、食にかなり執着したブログになりつつあります(笑)が、”美味しく食べられることが健康の原点”という信念を曲げず、食べることの楽しさを伝えるブログを目指したいと思います。

さて、大晦日にキムチを仕入れに、再び鶴橋を訪れた際のランチをUPします。

31日の午前中にささ〜っと大掃除を済ませ、午前中だけ仕事を片付けに会社へ行った夫とJR鶴橋駅で待ち合わせをしました。鶴橋の商店街は、年末の大賑わい。「本格的な韓国料理を食べたいね〜。」とうろうろしていると、「アリラン食堂」という、いかにも〜っという韓国料理店を発見。店の前でメニューをチェックしていると、「うちは美味しいよ〜。」とお店のアジュンマ(おばさん)に勧誘され、お店に入りました。

私は味噌チゲ定食、夫はユッケジャン定食を注文すると、アジュンマに「チヂミもいる?うちの名物!」と奨められ、「じゃあ、チヂミも〜。」と注文。韓国で定食を注文すると、おかずがたくさん付いてくると聞いていたとおり、こちらのお店も本場さながらに8種類のおかずがずら〜っと並びました!

アリラン食堂 013.jpg
手前から左へ、水キムチ、豆もやしのナムル、ぼうだらのキムチ、ダイコンキムチ などなど

味噌チゲ 015.jpg
私の好みとしては、チゲはもう少し辛い方が好きかなぁ。

チヂミ 014.jpg

チヂミはアジュンマが奨めるだけあり、かなりの美味しさ!定食にご飯もついていたので、多いかなぁと思いつつ、ぺろりと完食(^_^)v

別のグループに自家製キムチを買わそうと営業熱心なアジュンマを横目に、私たちはお勘定を済ませお店を後にしました〜。しかし、韓国の女性は本当によく働くなぁと感心。バタバタ動き回るアジュンマを尻目に、アジョッシ(おじさん)はレジで、タバコを吸いながら新聞を読む余裕の態度。

その後、私たちが目指したのは、コリアタウン。鶴橋からやや桃谷寄りに位置します。前回訪れたときとは少し違った商品のラインアップ。お正月を祝う韓国のお餅やお祝いの魚のいしもちなどがたくさん売られていました。

今回は、白菜(しろな)のキムチとするめのキムチを購入。白菜(しろな)のキムチは、とても辛いのですが、辛さに甘みと深みがあって、後を引く美味しさです。お正月だからといって沢山おまけしてくれました〜。
posted by mie at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

キムチ焼きそば

今日は初出。4日の出勤はちょっと早いんでないかぃ?!
うちの会社は、朝礼で社長から10分くらいの年始の挨拶があるだけで、そこからはいつもと同じように仕事を始めます。社員同士の年始の挨拶も、あったりなかったりで、初出という雰囲気は全くなし。以前にいた会社は、すごく日本的な社風の会社だったので、あまりの違いに未だに戸惑います。

夫は今日もお休みで、お腹をすかせて私の帰りを待っていたので、夕食はささっと出来るものをと、以前、作って美味しかったキムチ焼きそばを作りました。

■キムチ焼きそばのレシピ(2〜3人分)■

<材料>
・焼きそば3玉
・蒸しダコまたはイカ
・にら1束
・もやし1袋
・玉ねぎスライス半個
・にんにくスライス1かけ
・キムチ(食べやすい大きさに切る)

<作り方>
ホットプレートを温め、ごま油大さじ1とにんにくを炒め、香りが出たら、たこ、玉ねぎ、にら、もやしを加え、塩コショウで味付けをする。焼きそば3玉を加え、酒適量を入れ麺をほぐし、中華の素、キムチ(つけ汁も)も加えてよく炒める。塩コショウで味を調節し、最後に、ナンプラー(しょうゆでもOK)を加えてさらに炒め、水分を飛ばし出来上がり。

キムチ焼きそば 001.jpg

見た目はよろしくないですが、超美味しいです!ビールが進むったらありゃしない!キムチの力は偉大だ〜!

今日はイカが入手できなかったので、たこで代用。私はイカの方が好きかなぁ。夫はたこの方がよいとのこと。いずれにしても、肉系より、シーフード系の方が合うと思います。野菜もたっぷり取れますよ〜。

食後、夫が年末の集中放送でハマった「のだめカンタービレ」のスペシャルを鑑賞しました。ドラマの世界観が超私好みで、私もすっかりハマってしまいました〜。上野樹里ちゃん、女優魂炸裂です。玉木宏もなかなか良いです。
posted by mie at 01:34| Comment(1) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

グリルチキンの黒酢はちみつソース

今日は久しぶりにすごい寝てしまいました〜。起きたら12時…。ひぇ〜がく〜(落胆した顔)疲れてたのかなぁ〜。若い頃はよくこんなことあったけど、最近は休みの日でも平日と同じ時間に起きてたので、なんだか時間を無駄にした気分デス。

昨日の晩ご飯をUP。
以前作って美味しかったグリルチキンのはちみつバルサミコソースをと思ったのですが、バルサミコ酢を切らしていたので、黒酢で代用しました。黒酢ででもとても美味しくできますが、バルサミコより甘みが足らないので、はちみつを多めに入れました。夫は黒酢の方が気に入ったとのことです。

■はちみつ黒酢ソースのレシピ■

・黒酢 大さじ2
・はちみつ 大さじ1強
・しょうゆ 大さじ1
・日本酒(紹興酒)大さじ1

<作り方>
材料を全てフライパンに入れ、とろとろの状態になるまで煮詰める。グリルチキンにとろりとかける。

グリルチキンの黒酢はちみつソース 001.jpg
シンプルな塩味のチキンと甘酸っぱい黒酢が抜群の相性です。シイタケのバター焼きポン酢とミックスリーフサラダも添えて。最近、バローロに次いでお気に入りの赤ワイン、シラーと共に。

はちみつ&黒酢 002.jpg

黒酢はDHCの老陳酢を、はちみつは友人のヨウコさんから頂いたものを使用。因島の実家から送られてきたものをおすそ分けいただきました。このはちみつを味わうと他のはちみつの味が人工的に感じられ、目からうろこのはちみつ(ちょっと変な表現ですが)です!本物はやはり違うという感じ。お歳暮にいただいた高級そうなフランス製のはちみつでさえ、レベルが低く感じます。(くださった方ゴメンm(__)m)

この黒酢ソース、ポークソテーや、蒸したジャガイモにかけても美味しいのではと推測しています。
posted by mie at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

坦々麺

麺類の中で一番好きなのが坦々麺。やはりピリ辛系が好きなのです。おうちで出来たらいいなぁと思っていたら、「チューボーですよ」で、作り方を紹介していました!残念なことに、観始めたのは半分ぐらい過ぎた頃。HPでレシピをチェックしたらいいわ、と思っていたら、まだレシピがUPされていな〜い!きぃ〜、私は今日作りたいのよ〜!と食べたいとなると、先には延ばせない悲しい性格。

で、昨日の晩ご飯にと、ありったけの想像力を働かせ、自分の舌を頼りにチャレンジしてみました。

■坦々麺の(アバウトな)レシピ(二人分)■

@フライパンにごま油を入れ、みじん切りにした、にんにく、しょうが、白ねぎを炒め、豚ミンチ、豆板醤、てんめん醤、しょうゆ、酒を入れて、しっかりと炒める。A器に練りゴマ、しょうゆ、酢、ラー油、みじん切りした白ねぎを入れ、合わせておく。B湯がいた中華麺を器に入れ、中華スープを注ぎ入れ、さっと合わせる。@とさっと炒めたもやしとチンゲンサイをトッピングして出来上がり。好みでさらに、ラー油やこしょうをかけていただく。

Aの分量が味の決め手になるので、ちょこちょこ味見をしながら、好みの味にして下さいね。

坦々麺 001.jpg

あらら〜、なんだかそれっぽく出来ましたよ〜♪番組では、ラー油を一から作ってましたが、そんなめんどうなことが出来るわけがなく、市販のラー油で代用。芝麻醤もないので、練りごまで代用。市販の麺は太くてコシがなくイマイチでしたが、スープはめちゃめちゃそれっぽかったです。スープを全て飲み干せるくらい美味でした黒ハート

ついでに、只今焼きあがったはちみつレーズンパンもUP。

はちみつレーズンパン 002.jpg

うちの優秀なホームベーカリーくんが勝手に焼いてくれたもの。いつも入れる砂糖の替わりに、前回ご紹介した因島産蜂蜜を入れてみました。う〜ん、香りがちが〜う黒ハートでも、見た目は普通のレーズンパンですね(-_-;)

明日の朝食にいただきま〜す♪
タグ:麺類 ピリ辛
posted by mie at 23:27| Comment(1) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

抹茶のロールケーキ甘納豆入り

お正月に作ったロールケーキをUP。
お正月を意識してJapaneseな感じにと、抹茶のロールケーキを作りました。いつも作るロールケーキの生地に抹茶を練りこみ、生クリームにフルーツを巻くところを、甘納豆を巻いてみました。お抹茶は森半のものを使用(ちょっともったいなかったかなぁ。)

抹茶ロールケーキ 001.jpg
甘納豆数種を巻きます。

ベーキングパウダーを少し多めに入れてしまったために生地が膨らみすぎ、巻いたときに亀裂が入ってしまいました〜(>_<)

抹茶ロールケーキ 004.jpg
和の雰囲気を出そうと、栗原はるみさんの花皿に乗せて。

ロールケーキはボール1つで出来るので洗いものも少なくて済むし、ハンドミキサーがあれば本当にあっと言う間にできてしまうのでお手軽。焼く時間も15分と短いので、思いついたらすぐ作れます。

甘納豆の甘みが結構強いので、スポンジの甘さを少し抑えた方が良いかもしれません。

デパ地下で、栗を巻いたロールケーキを発見。今度は黒豆や栗の甘露煮を巻いてみよう。
posted by mie at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

黒豆ごはんとワンプレートの晩ご飯

黒豆ティーを作った後の黒豆を、ごはんと一緒に炊いたら美味しい黒豆ごはんになると、豆専門店のお姉さんに教えてもらいました。で、早速本日実行〜パンチ

黒豆ごはん 004.jpg

酒と塩少々を入れて炊飯器で炊きました。ほくほくの黒豆ごはんの出来上がり。
お茶は当然黒豆ティー。

今日のおかずは、小松菜とゴボ天のピリ辛炒め、しらすとねぎ入り玉子焼き、山芋のバター焼きポン酢ソースです。

■小松菜とごぼ天のピリ辛炒めのレシピ(二人分)■

<材料>
・小松菜一把(一口大に切る)
・ごぼ天3〜4本(一口大に切る)
・にんにく、しょうが、白ねぎ(適量をみじん切り)

<作り方>
@フライパンにごま油を入れ、にんにく、しょうが、白ねぎを炒め、香りが出たら豆板醤小さじ1、てんめん醤大さじ1を炒め、小松菜とごぼ天を入れ、さらに炒める。A水、中華の素少々、しょうゆ、酒大さじ1を入れ、しっかりと味からめる。最後に塩こしょうで味を整える。

小松菜とゴボ天のピリ辛炒め 003.jpg

最初は厚揚げで作るつもりが、入手不可だったので、ごぼ天で代用。右手前の貝柱のようなものが山芋のバター焼きポン酢ソース。ゆず七味を振っていただきます。洗いものを減らすべく、ワンプレートに盛りました手(チョキ)

今日使った小松菜と山芋は、らでぃっしゅぼーやのモノです。月曜日が今年初のお届けだったのですが、箱がいきなり小さくなっている〜がく〜(落胆した顔)中身を減らしているからか〜っ?と中身を確認しましたが、微妙に少なくなっている感じが…。この物価高騰の折、らでぃっしゅぼーやも大変なのでしょう。値段を上げるのは難しいので、量を減らすという手段に出たか…。うちの近所の手作りパン屋さんも値段は据え置きですが、パンは確実に小さく、まずくなってます(>_<)


recipe_blog_1.gif

レシピブログランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです。
タグ:黒豆 小松菜
posted by mie at 00:13| Comment(1) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

ホテルニューオータニ大阪でアフタヌーンティ

夫がとても気に入ったということで、再び、ホテルニューオータニ ザ・ラウンジへ。ランチを兼ねてアフタヌーンティをいただきました。

紅茶は、アールグレイ、ダージリン、キーマン、アッサムから選べるとのこと。私はアッサム、夫はダージリンをチョイス。前回も記しましたが、やはり“紅茶の美味しい店”だけあり、とても美味しく入れてあります。茶葉はポットから取り除いてあるタイプ。茶葉が入ったままのタイプより、濃さが変わらないので、こちらの方が好みです。

アフタヌーンティ 006.jpg

お決まりの三段重ねのプレートの一段目には、サーモンときゅうりのサンドイッチ、フルーツ盛り合わせ、ケーキ(数種類から選べるのがいいです)、二段目には、ドライフルーツのバウンドケーキ、スコーン、三段目には、クッキー三種とチョコレート。こちらのスィーツは全て甘さが絶妙で、本当にレベルが高いです。パティシエの腕が抜群にいいのでしょうね。う〜ん、満足黒ハートお腹いっぱいです!

お値段は、二人で4200円プラスサービス料です。一人だと少し割りになるようです。

今日は冷たい雨が降る中雨、愛犬レオ(柴犬 享年14歳)が葬られているお寺にお参りに行きました。彼が居なくなってはや6ヶ月。家族と友人を同時に亡くしたような喪失感で、死んだ直後は、生きていくのさえつらいと思うくらい悲しくて泣いてばかりいました。

レオのことを話したり、こうやって文章にするだけでもまだ涙がぼろぼろ出てきますが、徐々に彼の思い出を、涙ではなく笑顔で話せるようにしたいなぁと思っています。

レオ.JPG
レオの画像、ブログで初公開です。

ペットロスに近い状態だった私に、友人のエリコさんがくれたメッセージ。

「私もピエール(フレンチブルドッグ)が死んだらと考えるだけで、涙が出てきます。本当に死んでしまたら、泣き明かすに違いない。でも、もう二度と会えないんじゃなくて、いつか天国で会えるんですよ。この先、私やMieさんが天国に召されるそのときが来たら、ピエールやレオくんが天国で迎えてくれます。また会えるんですよ。そう思うとつらくないでしょう?」

ありがとう、エリコさん、このメッセージにとても救われました。


recipe_blog_1.gif

レシピブログランキングに参加しています。ポチッとしてもらえると嬉しいです
posted by mie at 01:52| Comment(1) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

四天王寺夕陽丘 Soupleでディナー

偶然にも、ウォーキング途中で素敵なレストランを発見!四天王寺夕陽丘駅(地下鉄谷町線)近くにあるSouple。Wassy’sというワインショップ が併設するレストランです。一階がワイン専門店で、同じビルの三階にレストランがあります。ワインの数の多さもさることながら、お料理が素晴らしい!ワインに合いそうなメニューがずらりと並び、思わず鼻息が荒くなりました〜(笑)素材にとてもこだわっている割には、お値段はリースナブルです。ワインのセレクションもニューワールド系が多いということもあり、良心的なお値段設定。

さて、本日いただいたのは…。

マーガレットリバー カベルネ 007.jpg
マーガレットリバー カベルネ・ソーヴィニヨン(オーストラリア)

前菜の盛り合わせ 008.jpg
きのこのキッシュ、鯛のカルパッチョ、自家製ハム、根菜のピクルス ワインにベストマッチの前菜がずらり。

しいたけの炭火焼 010.jpg 015.jpg
しいたけのシンプル炭火焼きとミックスオリーブのマリネ
しいたけはオリーブオイルと岩塩で。しいたけってこんなに美味しいんだ〜と感動!
ミックスオリーブは、オリーブが苦手な私も美味しくいただけました。彩りがとてもきれい。

ホロホロ鶏ときのこの春巻き 016.jpgきのことパンチェッタのピザ 017.jpg
ホロホロ鶏のコンフィときのこの春巻きときのことパンチェッタのピザ
ホロホロ鶏ときのこを春巻きにするとは、このアイデアに乾杯!
ピザは、山盛りのきのこ数種の味が濃い!ピザ生地もパリパリ&モチモチで抜群の食感。

店内は明るくオープンな雰囲気。スタッフの対応もよく好印象。客層もとてもいいです。テラス席もあり、夏はテラスでキーンと冷えた白ワインもいいなぁ。

お店は繁華街にある訳ではないのに、あっと言う間に満席に!皆さん、美味しいお店はよくご存知です。カジュアルな雰囲気で美味しいお料理とワインをいただける店って、あまり大阪にはないので、このお店に出会えたことに感謝です♪

外国人客に英語で接客をしていた男性スタッフ。どこかで会った気が…。リッツカールトン大阪のワインバーに居た方ではないかと。お忙しそうで、確認出来ず。今度、聞いてみよ〜っと。
posted by mie at 00:48| Comment(1) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ピーターレーマン・バロッサ・シラーズ2005

昨年から赤ワインに興味を持ち始めました。もともと白ワイン派で、キーンと冷えたリースリングやシャルドネが大好き。赤はあまり美味しいとは思えず、長い間、飲まず嫌いでした。昨年、美味しいピノ・ノワールに出会い、赤ワインの魅力に触れました。それから、イタリアのバローロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー(ズ)と赤ワインの魅力に徐々にハマりつつあります。

もちろん今でも暑い時期には冷えた白を飲みたくなりますが、赤、白にこだわらず、これからの美味しいワインとの出会いに期待しつつ、味わったワインを記録しようとカテゴリーに追加することにしました。

価格的な理由もありますが、どちらかというとアンチフランスワイン派です。もともと何に対しても、反メジャー派なもので(笑)オーストラリア、ニュージーランド、チリなどニューワールド系のワインに興味があります。とは言え、赤となるとやはりフランスが主流なので、毛嫌いせず(笑)、フランスワインも楽しみたいと思います。

昨日いただいたワインは…。

ピーターレーマン シラーズ 赤ワイン オーストラリア 004.jpg
ピーターレーマン・バロッサ・シラーズ2005(オーストラリア)
価格:2500円
購入店:Wine Store Wassy’s
合わせた料理:ブロッコリーとシメジのクリームパスタ

何度か訪れたことがある南オーストラリア、バロッサバレーの名門ピーターレーマンのワイン。ワインショップで数種のオーストラリア産シラーズを見つけましたが、なじみがあるという理由でこのワインをチョイス。柔らかな酸味、果実の適度な凝縮感、後味のよさ、全体のバランスがとても良いです。非常にコストパーフォーマンスが高いワインだと思います。
posted by mie at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | おうちでワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

タコのラグーの晩ごはん

今日も寒い一日でした〜♪寒いのは大好きなので、寒いとテンション上がります!

しかし、うちのオフィス内はいつものように25度をキープでぽかぽか状態。私にはちょっと暖かすぎるんですけど…(-_-;)最近の若い女子は寒がりさんが多いので、仕方ないけどね〜。

今日の晩ごはんのメニューはタコのラグー。ラグーとは、フランス語で煮込み料理のことだそうです。要は、タコのトマト煮込みなんですけど…。あえてラグーと呼ばせて〜!料理の呼び方で、テンション上げれるタイプなんです〜(笑)

■タコのラグーのレシピ(二人分)■

<主な材料>
・ゆでだこ(一口大よりやや小さめに切っておく)
・トマト缶 1缶
・玉ねぎ半個(みじん切り)
・にんにく1かけ
・アンチョビ 少々
・タカノツメ 適量
・黒オリーブ(スライスしたもの)適量
・ローリエの葉 1枚

<作り方>
@フライパンにオリーブオイル、にんにく、タカノツメを入れ、香りを出す。A@にアンチョビ、玉ねぎを加えて炒める。Bさらに、白ワイン少々を加え、アルコールが飛んだら、トマト缶を入れ、コンソメ少々、ローリエを加えて煮込む。CBに蜂蜜少々を加え、タコ、黒オリーブを入れ煮込み、最後に塩コショウで味を調節する。

たこのラグー 014.jpg
ラグーにはペンネと塩茹でしたブロッコリーを合わせました。

初挑戦ですが、なかなか美味しく出来上がりました。最近では、肉をシーフードに替えることで、カロリーダウンを試みています。タコやイカ、よく食べてます。

赤ワインが欲しいところですが、平日は休肝日にしているので(笑)、ライムフレイバーのペリエで我慢。

食事の後半、夫も私も急に無口に。アルコールを口にしていないのに、私はなんだか頭がぼーっとして、脱力状態。夫も不機嫌そうな顔。後で、分かったのですが、夫も食事後、気分が悪くなったそうです。何か材料が悪かったのかしら?タコはお刺身用を買って、しかも煮込んだから大丈夫のはず。アンチョビは冷凍していたし…。も、もしかしたら〜(-_-;)、開封したまま年越しのオリーブが悪かったのか…?胃腸が頑強な私たちは、数時間後回復しました。が、原因は謎のままデス(-_-;)

レシピには問題ないと思うので、皆さん、怖がらずに作ってみて下さいね(^_^)v
posted by mie at 00:49| Comment(1) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

アールグレーのシフォンケーキ

今日はお休みにもかかわらず早起きを。7時半に起きて、チーズトーストとサラダの朝食を取り、コーヒータイムの後は、精力的に家のお掃除とお片づけ、勢いに乗ってアイロン掛けも。午前中にお買い物も済ませました。早起きをすると、午前中に色々用を片付けられて嬉しい♪昨晩は3時近くまで本を読んでたので、ちょっと眠いんですけどね…。

余裕があったので、3時のおやつにアールグレーのシフォンケーキを焼きました。シフォンは久しぶりに作りました。以前は取り付かれたようにシフォンばかり焼いていましたが、ロールケーキがボール1つで作れるので、最近では洗い物の少ない方へシフトしていました〜(笑)

■アールグレーのシフォンケーキのレシピ(18cmのシフォン型用)■

<材料>
・グラニュー糖 80g
・卵 4個
・小麦粉 80g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・アールグレーの茶葉 小さじ4

<作り方>
@オーブンは170度で予熱しておく。A50ccのお湯にアールグレーの茶葉の半量を入れ、濃い紅茶を作っておく。B卵黄にグラニュー糖の半量を入れ、白っぽくなるまで泡だて器でかき混ぜる。オリーブオイル、水、ブランデー、アールグレーの紅茶50cc、細かくした残りの茶葉を入れ、薄力粉、ベーキングパウダーをふるいにかけて加え、さっくりと混ぜる。C卵白は残りのグラニュー糖を2、3回に分けて入れながら、ハンドミキサーで角が立つまで泡立てる。
CにBを入れて、ゴムベラでさっくりと混ぜ、型に流す。型をトントンとたたいて泡を抜く。Dオーブンで30分〜35分焼いて出来上がり。取り出したら逆さまにして冷まし、冷めたら型からはずす。

アールグレーのシフォンケーキ 007.jpg

久々に作りましたが、いい感じに膨らんでくれました〜♪シフォンは比較的カロリーが低いので、ダイエット中にはぴったりのスイーツ。でも、生クリームの添えすぎにご用心。

シフォンとコーヒー 009.jpg
香り高きコーヒーと共に。生クリームは控えめにネ(^_-)-☆

アールグレーの香りが口の中で広がり、しっとりふわふわ〜黒ハート恍惚状態です(笑)甘さも控え目に調節できるので、手作りはやっぱりいいですね!

昨晩は、学生時代の友人3人と久しぶりに飲み会をしました。本当に久しぶりで、4人そろうのは5,6年ぶりでしょうか。お互いの近況を報告しつつ、後半の話題は家庭や子供の愚痴に。

ご主人が多重債務者となり、子供の学資保険にまで手をつけたことがきっかけで離婚したエミコ、職場でひどいいじめに合ったミドリ、両親の介護の壮絶苦労話と家庭内離婚状態のアヤコの話を聞いていると、私の職場での愚痴など、取るに足らぬことで、とてもじゃないけど口に出せず。ひたすら聞き役に廻ったのでした〜^_^;私の人生って比較的穏やかなのかも…(今のところはね)
posted by mie at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちでお茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

福島 A151-factory! A

土曜日は、福島にあるお気に入りのレストラン「A151-factory!」でお食事を。こちらは、今私たちのリピート率が一番高いお店です。しばらく時間が経つと、このお店のメニューが恋しくなるんですよね〜。

A151-factory!寒ぶりとホタテ 002.jpg
寒ぶりとホタテのカルパッチョ。酢とオイル使いが抜群です。寒ぶりもホタテもトロトロ。恍惚状態の美味しさです黒ハート

A151-factory!オリジナルサラダ 004.jpg
オリジナルサラダ。毎回リーフの種類が違うので楽しい♪今回は珍しい緑がかったカリフラワーが!紫がかったのもあるのだそう。

A151-factory!ひめぜん 003.jpg
マスターがサービスして下さった“ひめぜん”。日本酒なのにワインのようなフルーティーな味わいです。

A151-factory!青菜とトック 006.jpg
トックと青菜の炒め物。私たちのリピート率が高いメニューのひとつ。

A151-factory!グリーンカレーラーメン 007.jpg
グリーンカレーラーメン。これが食べたくて、ついついお店に足を運んでしまうのです。

あと、石焼きのお肉と韓国チヂミもいただきました。写真はうっかり取り忘れ〜^_^;

素晴らしい舌を持つシェフと気配りが行き届いたマスターのベストコンビネーションのせいか、お店は土曜日なのに大盛況でした〜♪

帰りは、カロリー消費の為、福島からJR難波までウォーキング。最近は週末毎に結構なウォーキング量をこなしているにもかかわらず、悲しいことに体重の変化なし。まあ、そのぶん食べているので仕方ないんですけどね(-_-;)

今日は寒い一日でした。明日は大阪も雪の予報。明日の朝、通勤の電車に影響がなければいいのですが…。
posted by mie at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | お外でディナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

野菜たっぷりのオムレツとジンジャーロイヤルミルクティー

今日は夫の帰りが早かったので、ささっと出来るものをと野菜をたっぷり巻き込んだオムレツを作りました。

■野菜たっぷりのオムレツ■

<作り方>
@玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーの茎、シメジなど(野菜ならなんでも)、チョリソー(ソーセージやトリミンチなどでもOK)を火の通りやすい大きさに切り、オリーブオイルで炒め、酒少々、コンソメ、塩コショウ、最後にオイスターソースを少したらして味をなじませる。A@を卵で巻いてオムレツにする。

作り方というほどのものではないですね。野菜炒めを卵で巻いただけですから〜^_^;まあ、食費と時間の節約料理ということで、我が家の定番メニューでございます。

オムレツ 003.jpg

水菜を山盛りのサラダとして添えました。味のアクセントに干し葡萄を。サラダのリーフの中でも水菜が一番好きです!冬の間は安く入手できるので嬉しい♪

ジンジャーロイヤルミルクティ 002.jpg

食後のa cup of teaに、ジンジャーロイヤルミルクティーを作ってみました。しょうがには身体を温める効果があるそうで、今日のように寒い日にはぴったり。はちみつで甘みを加えたら、想像以上の美味しさ♪ちょっと甘酒っぽい感じも否めませんが^_^;意外な美味しさです。アントステラのクッキーと共に。あ〜、幸せ〜黒ハート
posted by mie at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

日韓英伊融合パスタ

昨日の晩ごはんをUP。

なぜ日韓英伊融合パスタなのかというと、水菜、白ねぎ、シメジ(日本)、キムチ(韓国)、チェダーチーズ(英国)、ペペロンチーノ(イタリア)が融合しているというだけのことデス^_^;ごたいそうなネーミングでスミマセン。

自分ひとりの時に、たま〜に作っていたのですが、夫に出すのは今日が初めて。気に入るかなぁ、とドキドキしながら出したら、「美味しい♪」とのこと。やっぱり、私たちの味覚は似ている〜(^_^)v胃袋でつながっているだけあるわ(笑)このウマさを分かるなんて〜!

父に出したら、「キムチにチーズにパスタ〜?!なんじゃこりゃ〜???」と言われそう(-_-;)

作り方は、基本のペペロンチーノにキムチとキムチの汁、水菜、白ねぎ、シメジ、最後にチェダーチーズを入れるだけ。ピリ辛のキムチ味のペペロンチーノの出来上がり。キムチって本当に何にでも合う魔法の食材です。韓国の人はすごい!チェダーチーズを入れることで、コクが出て、まろやかな味わいに〜。最後に韓国海苔(味付け海苔でも)を散らすとさらに美味黒ハート

日韓英伊融合パスタ 002.jpg

小栗旬くんの「貧乏男ボンビーメン」、観てますっ!正直、内容はイマイチですが(ゴメン)、小栗くんの全力投球の演技はウルウルものです。一生懸命頑張る息子を観てる感じですかね〜(笑)小栗くんは演じる役ごとに全く雰囲気が違うので、彼の演技は見ごたえがあります。「花より男子」の花沢類役のような感情を抑えた演技ができるかと思えば、「コナン」の工藤新一役のような自信たっぷりの推理オタクや、「貧乏男」の一美のような人のよい能天気な役も手(チョキ)何を演じてもワンパターンのキ●●クとは大違いですわ。まだ24歳なのにこの実力。先が楽しみです!
posted by mie at 23:03| Comment(3) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

北浜「アーシーマーシー」で坦々麺ランチ

今日は元同僚のサオリさんとランチをご一緒しました。
場所は北浜証券取引所ビルのB1にある中国料理「阿詩馬石(アーシーマーシー)」。

アーシーマーシー 004.jpg

こちらお店の坦々麺は、坦々麺好きの私の中ではNo.1です。濃厚なのですが、しつこくなく、まろやかな中にピリりとした辛さがあります。白ゴマか黒ゴマか選べるのですが、私は白ゴマがお気に入り。チャーハンと坦々麺 小さい杏仁豆腐付き セットでジャスト1000円です。チャーハンも美味しい。ポットで出てくる中国茶も丁寧に入れてあり、お昼からちょっと優雅な気分♪

アーシーマーシー 002.jpg

サオリさんは、現在、同業他社で働いており、今日は仕事で北浜に立ち寄る用事があったので、ランチに誘ってくれました。相変わらず、お肌は色白でつるつる。小柄でスリムな体型は変わっていません。お話を聞いていると、うちに比べ彼女の会社は小規模なので、とてもアットホームな雰囲気。「夕方になると、小腹が減ったコたちは席でカップめんを食べ始めるんですよ〜。」な〜んて、うちの会社も昔はそんな雰囲気があったけど、今じゃ、おせんべいかじるのも音を気にしつつだもんなぁ。うらやましいです。

積もる話がありすぎて、たった一時間じゃ消化不良気味^_^;こんどはディナーをご一緒にと約束しました。

こちらのランチ、ボリュームたっぷりでいつも満腹状態。午後は眠くなりそう〜と心配しながらも、身体もあったまり、みぞれがちらつく中、幸せな気分で会社へもどりました。
posted by mie at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

鶴橋「つどい」でサムゲタンランチ

寒い日が続いております。こんな寒い日のランチには、やはりあったか〜い韓国料理が食べたい!と週末再び鶴橋へ出掛けました。

どのお店がいいかなぁと迷いながら歩いていたら、おいしそうなサムゲタンの看板を発見!お店の名前は韓国料理店「つどい」。

つどい入り口 010.jpg

席数15ほどの小さなお店ですが、韓流スターも訪れたことがある有名店のようで、店内には韓国語のサインがいくつか飾ってありました。ハングルは少しくらいなら判読できるのですが、字を崩してあるので、誰のかはわからず。やたら、クォン・サンウの写真が貼ってあったので、彼も来たのかしら?

サムゲタン定食つどい 007.jpg
私はもちろんサムゲタン定食を注文

鶏肉と薬膳のうまみが溶け出した白濁した濃厚なスープ。美味しい〜♪身体に効く〜っていう感じ。スープとご飯、最高に合いますっ!

カルビタン定食つどい 009.jpg
夫はカルビタン定食をチョイス

ナムル盛り合わせ 004.jpg
定食に付いているキムチとナムル

ピリ辛のキムチやナムルの味もアクセントになり、食が進む、進む〜♪

食事後、コリアタウンのいつものキムチ屋へ直行し、キムチ数種を購入。夕食ににこんな感じで盛り付けてみました。

キムチ盛り合わせ 001.jpg
水菜、らっきょう、きゅうりのキムチのラインナップ

という感じで、うちは少し遅れて食の韓流ブームでございます。
posted by mie at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

キャベツとミンチのミルフィーユ風煮こみ

寒い日が続くと、鍋ものや煮込み料理のメニューが多くなります。ミルフィーユ風煮こみなどとおしゃれなネーミングにしましたが、要は手抜きロールキャベツです(笑)

作り方は超簡単。鍋に適当な大きさにちぎったキャベツとハンバーグだねを層にして重ねていきます。切り分けたときに彩りがきれいなので、途中うすく切った人参も一緒に重ね入れ、鍋の上部まで重ねたら、スープストック、みりん、薄口しょうゆ、ローリエを入れて煮こみます。塩コショウで味を調え、出来上がり。ハンバーグだねは、鶏肉と豚肉のミンチのミックス。牛肉のミンチよりアクが出にくいしヘルシーです。

キャベツのミルフィーユ風煮込 003.jpg

ロールキャベツとほぼ同じ味ですが、手間はかなり省けます。キャベツの葉をきれいにはがす必要なし。巻く必要なしで、ロールキャベツ作りの面倒なところをカット出来、これを作り出して以来、手間のかかるロールキャベツは作っていません。お好みで、黒こしょうをかけるとアクセントが利いてさらに美味黒ハート

焼きエリンギ 002.jpg

サイドディッシュの焼きエリンギは岩塩とオリーブオイルでいただきました。きのこ類はいろいろと手を加えるより、シンプルな食べ方がベストですね。
posted by mie at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

堺筋本町「珍三カルビ」でユッケジャン定食

私のルーツは韓国なのではと思うほど、韓国料理が好きです。今年の冬は特に寒い日が多いので、ついつい温かいスープ系に心が動きます。

今日は久しぶりに「珍三カルビ」でランチを。このお店には、数年前に韓国通の同僚に連れて来てきてもらいました。ちょうど韓流ブームの前だったでしょうか。韓国料理と言えば、焼肉とビビンバしか知らなかった私にとって、韓国のチゲは、世の中にこんな美味しいものがあったのか〜というくらいの衝撃でした。それ以来「珍三カルビ」は一番のお気に入りの店になりました。

スンドウフチゲ(やわらかい豆腐のチゲ)、ユッケジャン(牛肉と野菜の辛いチゲ)、トリのスープ、この三つが私のローテーションです。

珍三カルビユッケジャン定食 001.jpg
今日は、無性に辛いモノが食べたかったのでユッケジャン定食を注文。

定食には韓国料理お決まりのおかずセットが付いてきます。今日は、キムチ、しし唐と煮干のゴマ炒め、韓国かぼちゃのジョン、野菜の炒め物。これらのおかずもお楽しみのひとつ。

ご一緒した同僚のレイコさんは、スンドウフチゲをチョイス。ぐつぐつと煮えたぎったチゲは地獄谷のよう(笑)

食後は、胃がじわーっと熱くなり、身体もぽかぽかの状態が続きます。恐るべしカプサイシン効果!冷え性の方には、辛ーいチゲがお奨めです。

今日の「魔法のレストラン」で珍三カルビが紹介されていました。私がいつも行く堺筋本町店ではなく、南森町店でしたが「なんとタイムリーな〜♪」と観ていると、馴染みのある顔が登場。お店でよくダイコンキムチをサービスしてくれる女性、従業員だと思っていたら、オーナーでした。通いつめてる割には、お店のこと全然知らなかったなぁ。番組を観て、より親しみが持てるようになりました。
posted by mie at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | お外でランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする